ほうじ茶コーヒー?!『ワンダ TEA COFFEE カフェラテ×焙じ茶』飲んでみた。

アサヒ飲料の新製品『ワンダ TEA COFFEE カフェラテ×焙じ茶』飲んでみました。
2018年4月17日(火)発売

ほうじ茶』と『コーヒー』のコラボ飲料です。とうとう緑茶もコーヒーとコラボとは、お茶好きとしては興味津々です。

ワンダ(WONDA)はアサヒ飲料のコーヒー飲料ブランド。
ビートたけしさんのCMでもおなじみ。「カフェラテ×焙じ茶」のCMにも、上司役として神木隆之介さん、川栄李奈さんといっしょに出演しています。

高温で短時間で焙煎したブラジルのコーヒー豆で淹れたカフェラテに、国産のほうじ茶を合わせた後味がスッキリとしたコーヒーのようですが、どうやって作っているのか気になるところ・・・。

パッケージには、茶葉と珈琲豆のイラスト、商品名も「TEA COFFEE」なのですが、見た目の印象は、普通のCOFFEE(コーヒー)飲料。よく見ないと『ほうじ茶』とコラボしている商品ということがわからない感じです。

スッキリしたコーヒー牛乳、ほうじ茶感は少ない?

キャップを開けて香りを嗅いでみると、コーヒー牛乳。
昔ながらの懐かしいコーヒー牛乳の香りです。

飲んでみると、やはりコーヒー牛乳。
CMでは「お茶、珈琲 どっちやねん!」となっていますが、間違いなく珈琲です〜。

甘さもミルクも控えめで、とてもさっぱりしたごくごく飲めるコーヒー牛乳という印象。
後味は苦みがしっかりめです。

風味にほうじ茶を感じることはできませんでしたが、後味にコーヒーとちがう何かがあるような気がするのは、ほうじ茶なのかも・・・?。

原材料、カロリー

原材料:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、緑茶(焙じ茶)、デキストリン
<添加物>乳化剤、香料、セルロース

香料は使用されています。
容量:525ml

カロリー:31kcal
炭水化物:6.0g

6月12日には、『煎茶』と低温抽出したブラックコーヒーをコラボさせた「ブラック×煎茶」も発売される予定。こちらもとても楽しみ。

アサヒ飲料の『ワンダ TEA COFFEE カフェラテ×焙じ茶』
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

created by Rinker
ワンダ
¥2,520 (2018/11/18 20:59:04時点 Amazon調べ-詳細)

アサヒ【ワンダ TEA COFFEE ブラック×煎茶】飲んでみた。煎茶の風味する?!

2018.06.12
スポンサーリンク