遠くに抹茶いる!【ワンダ TEA COFFEE カフェラテ×抹茶】飲んでみた。アサヒ飲料

アサヒ飲料の『ワンダ TEA COFFEE カフェラテ×抹茶 微糖』を飲んでみました。
2019年1月8日(火)発売 160円(税別)

コーヒーと日本茶をコラボさせた「ワンダ TEA COFFEE」シリーズの第3弾の新商品。

created by Rinker
ワンダ
¥2,800 (2019/05/20 11:38:56時点 Amazon調べ-詳細)

第1弾は、カフェラテと「ほうじ茶」
第2弾は、ブラックコーヒーと「煎茶」
でしたが、

今回は、カフェラテと「抹茶」!
お茶好きとしては第1弾、2弾とも、それほど日本茶感を愉しめなかった印象でしたが、今回の抹茶の組み合わせがどんな味わいなのか楽しみです。

高温短時間で焙煎したブラジルの厳選コーヒー豆を使い、苦みと雑味を抑えたカフェラテと、国産を抹茶の組み合わせ。
ボトルにはこのようなことが書かれています。

さっぱりとした後味。雑味をとことん抑え、ほんのり感じる抹茶の旨味と甘み。すっきりゴクゴク飲みやすい、茶葉香るリフレッシュコーヒー

飲んだ感想、しばらくすると抹茶が

フタを開けて香りを確認してみると、ミルク感控えめでコーヒーしっかりめのカフェラテの香り、抹茶の香りは感じません。
水色は明るいカフェラテ色。

飲んでみると、甘さとミルク控えめのさっぱりしたカフェラテ。苦みは抑えているようですが、甘みとミルクが控えめな分、苦みは感じます。

そして、肝心の『抹茶』。
やっぱりいない・・・。

と、思いきや、しばらくして後味に、遠くに『抹茶』が・・・。

お! いた 『抹茶』。
遠くて顔までは確認できないけれど、シルエットは確かに抹茶。

さすがに、ボトルに記載の『抹茶の旨味と甘み』まで感じることはできませんが、コーヒーの中にほのかに『抹茶感』が愉しめるバランスがおもしろいです。

微糖で後味もスッキリしているので、飲みやすいカフェラテです。

原材料、カロリー『TEA COFFEE カフェラテ×抹茶』

原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、抹茶(国産) /乳化剤、香料、セルロース、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

(100ml当り)
カロリー:18kcal
炭水化物(糖質):2.5g
カフェイン:約30mg

アサヒ飲料の『ワンダ TEA COFFEE カフェラテ×抹茶 微糖』
チェックしてみては。

created by Rinker
ワンダ
¥2,800 (2019/05/20 11:38:56時点 Amazon調べ-詳細)

今日もお茶で愉しい、一日を。

ほうじ茶コーヒー?!『ワンダ TEA COFFEE カフェラテ×焙じ茶』飲んでみた。

2018.04.17

アサヒ【ワンダ TEA COFFEE ブラック×煎茶】飲んでみた。煎茶の風味する?!

2018.06.12
スポンサーリンク