セブン【一番摘みほうじ茶アイス アーモンドチョコレートバー】食べてみた。

セブンプレミアムのほうじ茶アイス『一番摘みほうじ茶アイス アーモンドチョコレートバー』を食べてみました。
2019年8月26日(月)発売 192円(税込)

セブンの『アーモンドチョコレートバー』は、存在感のある香ばしいアーモンドとチョコレートコーティングがクセになるアイスバー。
お茶系では抹茶アイスと組み合わせた商品が販売されていますが、今回はほうじ茶アイス。

ぱっと見だと普通のチョコレートバーと思ってしまいそうですが、ほうじ茶の写真が目印です。

ほうじ茶アイスには、一番摘みの茶葉を100%使用したほうじ茶のパウダーを使っているようです。
アーモンドには2種類のアーモンドをブレンドしたシューガーコートアーモンドを使用。

原材料名、カロリー『一番摘みほうじ茶アイス アーモンドチョコレートバー』

原材料名:準チョコレート、乳製品、砂糖、アーモンドクランチ、水あめ、シュガーコートアーモンドクランチ、ほうじ茶パウダー、デキストリン、ローストシュガーシロップ/ 乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、香料

原材料に、香料は使用されています。

種別:アイスクリーム
無脂肪固形分:7.0%、乳脂肪分:8.0%

販売:ロッテ
製造:ネージュ

カロリー:282kcal
糖質:19.5g

食べた感想、チョコアーモンドしっかりでほうじ茶控えめ

今回も香ばしいアーモンドとチョコレートの香りがいい感じ〜
カリッと、パリッと一口食べると、すぐにアーモンドチョコの世界に・・・。

このシリーズやっぱり、うまっ。

アイスクリーム部のほうじ茶の味わいは、はじめのひと口、ふた口くらいまでは香ばしいほうじ茶の風味がふわっとします。でも食べているうちに、アーモンドチョコの存在感一色に。

甘みも控えめで、微かにほうじ茶の香ばしさも所々でてきますが、すぐにアーモンドチョコに上書きされてしまいます・・・。

最後、ほうじ茶アイスを味わえるのは、すべてのアーモンドチョコがなくなってから。風味の出しやすいほうじ茶アイスでもこのアーモンドチョコには勝てないようです。

でも、うまいわ〜。

セブンプレミアムの『一番摘みほうじ茶アイス アーモンドチョコレートバー』
チェックしてみては。

今日も美味しいお茶で楽しい、一日を。

コンビニ【抹茶アイス 2019年!】ほうじ茶・紅茶アイス(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

2018.05.11

セブン【宇治玉露アイスのアーモンドチョコレートバー】食べてみた。

2019.03.29
スポンサーリンク