宇治抹茶のkorot(コロット)食べてみた。赤羽駅ナカで買えるミニクレープ。

赤羽駅中(エキュート赤羽)で買える宇治抹茶のミニクレープ『Wrapped Crepe Korot(ラップドクレープコロット)』を食べてみました。

ラップドクレープコロットは、2011年3月に都内で営業を開始したミニクレープ屋さん。メトロやJRなどの駅ナカや駅ビルに20近いお店を展開しています。

ミニクレープの種類は、チョコバナナ、イチゴ、レアチーズ、チョコクッキーなど季節で変わる限定商品を含めると10種類。ちょっとした手みやげにもよさようなスイーツです。

食べた感想、小さくてもクリームも味もしっかり

購入してみたのは、
黒みつ抹茶わらびもち
モンブラン

ラップで包まれていて、ちょっと変わった形。
とてもコンパクトでクレープと言われないと、何なのかはまったくわからない感じです。

こちら『黒みつ抹茶わらびもち
216円(税込)

こちらが『モンブラン
237円(税込)

横からみると、厚みもかなりあります。

ラップをはずしてみると、こんな感じです。

横に見えている茶色のものは、紙トレイでした・・・。

半分にカットしてみると、中にはクリームたっぷりで、ちょっと美味しそうです。

まずは、「黒みつ抹茶わらびもち
抹茶クリームのセンターにいるのは、『わらび餅』と『黒蜜』です。

クレープ生地は、少しモチモチしていて生地の重なった部分のクレープ感がしっかりです。
抹茶クリームはほろ苦感が少なめですが旨味のある抹茶の風味が味わえます。黒蜜の風味しっかりのわらび餅とのバランスもいい感じです。

つづいて、『モンブラン
モンブランクリームの中に小さい栗が入っています。

モンブランクリームは、栗の風味しっかりで小さい栗の食感がいいアクセントになっています。
甘みもしっかりですが洋風モンブランの味わいが楽しめるミニクレープです。

原材料『黒みつ抹茶わらびもち』『モンブラン』

黒みつ抹茶わらびもち
原材料名:牛乳、鶏卵、小麦粉、砂糖、クリーム(乳製品)、植物油脂、乳製品、乳、粉飴、生乳、しょ糖、緑茶、
わらび餅(麦芽糖、きな粉、砂糖、本わらび粉、その他)、黒蜜(水あめ、果糖ぶどう糖液糖、黒糖、糖みつ)、大豆、食塩、乳化剤、トレハロース、加工でん粉、香料、メタリン酸Na、安定剤(増粘多糖類)

香料は使用されています。

モンブラン
原材料名:牛乳、鶏卵、小麦粉、砂糖、クリーム(乳製品)、植物油脂、乳製品、乳、粉飴、生乳、しょ糖、
栗、マロンクリーム(麦芽糖、砂糖、水あめ、甘栗、植物油脂、甘栗露煮、その他)、大豆、食塩、加工でん粉、乳化剤、香料、保存料(ソルビン酸)、着色料(カラメル)、酸味料(クエン酸)、メタリン酸Na、クチナシ色素、安定剤(増粘多糖類)

着色料、香料は使用されています。

赤羽駅中(エキュート赤羽)で買える『Wrapped Crepe Korot(コロット)』の宇治抹茶のミニクレープ
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を

東京の駅ナカで買える【抹茶スイーツ!】一覧。お土産ならコレ

2018.10.01
スポンサーリンク