ほうじ茶はどうやってつくる?

お茶屋さんの前を通ったとき、なんとも癒される香ばしいお茶の香りがしたことがありませんか?
ほうじ機でほうじ茶を炒っている時の香りです。

ほうじ茶は、煎茶、番茶、茎茶を高温で焙煎してつくります。
煎茶、番茶、茎茶があれば、自宅で茶葉を鍋で炒ってほうじ茶をつくるこもできます。

ほうじ茶は、煎茶より格下のお茶と言われていますが、京都の料亭などでは、ほうじ茶が出されています。
地域によっては、番茶を炒ったもので、ほうじ番茶、炒り番茶(京番茶)といった番茶とつくほうじ茶もあります。

ほうじ茶は、茶葉を炒ることで、カテキンなどの苦みの元になるタンニンがなくなるので、味はまろやかで、さっぱりした味です。カフェインも煎茶より少なめなので、小さいお子さんや、夜飲むにはやさしいお茶です。

石川県では、茎を焙煎してつくるほうじ茶「加賀棒茶」が有名です。
独特の香ばしさがあり、昭和天皇も気に入って飲まれたそうです。

少し高価なほうじ茶は、そのまま食べても、ボリポリとスナック菓子のようで楽しめるようですよ。

丸八 加賀棒茶
▼amazonでも購入できます。

丸八 献上 加賀 棒茶 100g

スポンサーリンク