ななやのチョコレート【MATCHA7(抹茶セブン)】抹茶の濃さが半端ない〜。

丸七製茶『ななや』といえば、世界一濃い抹茶のジェラートで知られる抹茶のスイーツファクトリー。
静岡県藤枝が本店ですが、東京では青山や浅草でも味わうことができます。京都にも2月に進出予定。

その『ななや青山店』の2号店が、2017年6月にオープンしました。
場所はジェラートが食べれる1号店のすぐ斜め前で、お茶のチョコレートをあつかうお店です。

外観も抹茶一色ですが、お店の中も抹茶色〜。

壁の棚には色々な種類のお茶のチョコレート商品や抹茶の商品が並んでいます。

抹茶のチョコレートは、抹茶の濃さ別にカップに入ったものが販売されています。抹茶の他にはほうじ茶、玉露、玄米茶、和紅茶。
抹茶はジェラート同様に濃さは7段階。全部食べてみたいのですが、1カップ360円なので全部買うとそれなりのお値段に・・・。

お得感のあるセット『抹茶セブン』

そこで、うれしい新商品。
TEA CHOCOLATE MATCHA 7(抹茶セブン)
1,080円(税込)

抹茶の7種類の濃さNO.1〜NO.7と、ほうじ茶のチョコレートが入ったかなりお得感のあるセットです。

早速、購入してみました。

抹茶の濃さは、1.2%、1.9%、3.1%、5.1%、8.2%、13.3%、21.5%。
抹茶21.5%って、あり得ない濃さ・・・。6段階以上は、印刷も濃すぎて読めないです・・・。

原材料をみてみると、超シンプル。
着色料、香料やレシチンは不使用で、ココアバター、生乳、グラニュー糖、抹茶のみです。

開けてみると、抹茶ゼブンの説明と、和紙の袋に入ったチョコレート。

『超微粉末化した茶葉と、乳成分を控えめにした『落雁』を思わせるような風味のチョコレート』だそうです。かなり期待が高まる商品説明・・・。

開封〜!

はやくも抹茶の香りが・・・。
種類別の個包装はしていないので、上手に保管しないと香りがなくなってしまいそうですね。

1種類は4つ入っています。

濃さも風味も本格抹茶!

まずは、抹茶のNO.4から実食。
おお、抹茶濃い! 濃さが4なのに結構苦みが効いてます。苦みの中に抹茶の自然な風味とコクがあります。
後味も、さっぱりしているチョコレートです。

No3〜No1の薄い方にむかって味わってみると、段々とミルクの甘みが増してきてやさしい味に、苦みも少なくなります。でも、NO1もほろ苦さと抹茶の風味はしっかり味わえます。

そして、NO5〜NO7の濃い方に向って味わってみると、どんどん苦みが増してビターに。

濃、濃〜〜い。

NO6、NO7は、もう抹茶の『濃茶』を味わってるようです。
NO7は見た目もほとんど黒・・・。でも、ただ苦いというわけではなく、とてもなめらかで抹茶の風味もコクもあっておいしいです。

最後は、ほうじ茶
香ばしさがあってまろやか〜、癒される味です。

色々な抹茶のチョコレートがありますが、これほどシンプルに濃厚な抹茶が味えるチョコレートはないかも・・・。

そして、1080円(税込)で、7種類の本格抹茶とほうじ茶が味わえるというのも、かなりお得感のあるチョコレートのセットです。

『ななや』の抹茶のチョコレート
TEA CHOCOLATE MATCHA 7(抹茶セブン)

試してみては〜。

今日もお茶で愉しい、一日を。

ななや(丸七製茶)
http://nanaya-matcha.com/

あの【世界一濃い抹茶ジェラート】ななやの青山店に行ってみた!

2016.09.16

【静岡お茶巡り】あの『ななや』藤枝店で濃い抹茶のジェラートを食べてみた。

2017.05.16
スポンサーリンク