【ゴンチャ】のほうじ茶ミルクティー+タピオカ飲んでみた。秋限定!

タピオカドリンクといえば、必ずと言っていいほど名前が上がる人気店『ゴンチャ(Gong cha/貢茶)』に行ってきました。

ゴンチャ(Gong cha/貢茶)』は、ブランド漢字名”貢茶”の意味通り、中国の皇帝が愛したような上質なお茶を日常的に味わってもらいたいという思いが込められた台湾ティーカフェ
こだわりの高品質の台湾ティーと、丁寧に調理されるタピオカが自慢で、首都圏を中心に店舗数がどんどん増えています。

東京メトロ三越前駅より徒歩2分ほど、コレド室町の脇を通って、

緑あふれるオアシスを抜けると、ゴンチャの日本橋武田グローバル本社ビル店が現れます。
繁華街とは違う場所にあることもあって、客層もちょっと大人な感じで落ち着いた雰囲気が、入りやすいかも。平日17:00ごろで、7、8人ほどの列ができていました。

並ぶ途中にある看板仕立てのメニュー<その1>。オーダーの仕方と、ドリンクメニュー1。

オーダーの仕方
ステップ1:ドリンクを選ぶ(サイズ(S/M/L)と、HOT or ICE)
ステップ2:甘さを選ぶ(ゼロ・少なめ・普通・多め)
ステップ3:氷の量を選ぶ(ゼロ・少なめ・普通・多め)
ステップ4:トッピングを選ぶ(パール(タピオカ)・ミルクフォーム・アロエ・ナタデココ・バジルシード・グラスジェリー) 各+70円

基本のオリジナル台湾ティーは4種類
・ジャスミン・グリーンティー
・ウーロンティー
・ブラックティー
・阿里山ウーロンティー

看板仕立てのメニュー<その2>。ドリンクメニュー2。

・一番人気の「ブラックミルクティー+タピオカ」などのオススメメニュー
・ミルクティー
・フルーツ+お茶を組み合わせた「ティーエード」
・お茶以外のジュースやスムージー など。

そしてこの時期のオススメは、2019年9⽉4⽇から販売中の秋の期間限定メニュー『⽟露 ミルクティー』と『ほうじ茶 ミルクティー』。

店内にもメニューがあり、店員さんもわかりやすく誘導してくれるのでオーダーも安心です。

食べた感想『ほうじ茶ミルクティー』

今回のオーダーは『ほうじ茶ミルクティー+パール(タピオカ)』で、583円。
日本茶好きとしては、秋限定の日本茶メニューが気になりました。
ステップに従って、サイズ:M、甘さ:普通、氷:普通、トッピング:パール(タピオカ)で注文。

ほうじ茶ミルクティーは、香ばしいほうじ茶風味が口の中に広がる〜。ミルクと合わさったマイルドな中にもお茶の味がしっかりと味わえます。
甘すぎる、ってほどではないけど、個人的に甘さは”少なめ”でもいいかも。

タピオカは自慢なだけあって、美味しいー!やわらかいのにもっちもちの弾力が心地よいです。大きさは中粒、量は多めなのも嬉しいですね。

ビルが立ち並ぶ街の中に、木々が生い茂る空間がふっと現れる『福徳の森』。
ベンチやテーブルもあるので、ゆっくりといただけるのがまたいい感じなんです。

ひとやすみした後には、シンボルでもある福徳神社にお参りしたり、自然を感じながら気持ちが和らぐ、まさに都会のオアシス。
喧騒を忘れて、ゆっくりとタピオカドリンク楽しめるのでおすすめです。

ゴンチャ(Gong cha)」のチーズティー。
間違いない!もちもちタピオカと美味しいお茶のコラボ、試してみては。

今日も美味しいお茶で愉しい、一日を。

営業時間 平日:9:00~20:00 / 土日祝:10:00~20:00
定休日 無休
お店のURL https://www.gongcha.co.jp/
住所 中央区日本橋本町2-1-1 武田グローバル本社ビル1F9

東京で【タピオカ入り抹茶・ほうじ茶】が飲める人気のお店8選

2019.01.16
スポンサーリンク