ポッカサッポロ【東京緑茶】<首都圏限定>飲んでみた。東京の茶葉使用!

ポッカサッポロの緑茶ペットボトルの新製品『東京緑茶(TOKYO GREEN TEA)』を飲んでみました。
2020年2月24日(月)

首都圏エリアの限定販売(関東1都6県・山梨県)の商品

『東京で栽培された緑茶』に「釜炒り茶」をブレンドした緑茶で、「各地の素材のおいしさが楽しめる無糖茶シリーズ」の<トチとクラフト>の新商品。東京で栽培された茶葉は10%のみ使用されているようです。

『東京で栽培された緑茶』といっても東京都内だけなのか、狭山茶あたりまでが含まれているのかはわかりませんが、オリンピックが開催される2020だけにお茶も『東京』ブランドを意識した商品がでてきました。
ボトルも『TOKYO2020オリンピック』を感じるデザインになっています。

飲んだ感想

水色は明るく薄い、にごりのない黄色。

香りは薄く、お茶の香りもかなり薄めです。
飲んでみると、渋みや苦みはほとんどありませんが、ほんのりとべっこう飴のようなやさしい甘みがあります。新緑のような爽やかな風味というより、少し熟成した甘み。

飲みはじめはかなり薄い印象ですが、飲んでいると後味に少し渋みも感じてきます。濃いめのお茶が好みの場合は物足りない味わいですが、甘みが愉しめるペット茶です。

原材料名、カフェイン『東京緑茶(TOKYO GREEN TEA)』

原材料名:緑茶(国産)、ビタミンC

無香料、未着色。
緑茶なのでカフェインは含まれています。

ポッカサッポロの緑茶ペットボトルの新製品『東京緑茶(TOKYO GREEN TEA)
チェックしてみては。

今日も美味しいお茶で愉しい、一日を。

ポッカサッポロ:トチとクラフト
https://www.pokkasapporo-fb.jp/tochitocraft/

スポンサーリンク