ローソン【ミルク生まれのほうじ茶ラテ】飲んでみた。濃厚チルドカップ!

ローソンのほうじ茶チルド『ミルク生まれのほうじ茶ラテ』を飲んでみました。
2019年4月16日(火)発売 168円(税込)

ローソンのチルドカップの『ほうじ茶ラテ』は2018年11月にも発売されていました。パッケージも似ていますが、今回は商品名に『ミルク生まれ』が付いたほうじ茶ラテとして登場。

▼2018年11月発売商品

ローソン【ほうじ茶ラテ】チルドカップ飲んでみた。<ウチカフェ>

2018.12.20

ほうじ茶として、前回は一番茶とほうじ茶エキスが使用されていましたが、今回は茎ほうじ一番茶が使用されているようです。

『ミルク生まれ』となっているだけあって、乳脂肪分は、無脂乳固形分4.4%、乳脂肪分1.1%(前回)から、倍以上の無脂乳固形分8.0%、乳脂肪分3.0%になっています。生乳も50%未満から50%以上に

ほうじ茶ラテのチルドカップで『乳脂肪分3.0%、生乳50%以上』の商品は見たことがないかも。

その分カロリーも97kcal(前回)から165kcalに増・・・。でも、価格は178円(税込)から168円(税込)に10円下がっています。

飲んだ感想、濃厚でほうじ茶しっかり

飲んでみると、とろっとコクがあってミルクがとても濃厚。
でもミルクとほうじ茶感のバランスがよく、ミルクの味だけが強過ぎることもありません。ほうじ茶の香ばしい風味もしっかり味わえます。

とても濃厚ですが甘さは控えめなので、飲みやすいほうじ茶ラテです。

原材料、カロリー『ミルク生まれのほうじ茶ラテ』

原材料名:生乳(50%以上)、乳等を主要原料とする食品、乳製品、ほうじ茶、砂糖 /セルロース、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、(一部に乳製品を含む)

製造者:協同乳業

カロリー:195kcal
炭水化物(糖質):19.5g

ローソンのほうじ茶チルド飲料『ミルク生まれのほうじ茶ラテ』
チェックしてみては。

今日も美味しいお茶で愉しい、一日を。

スポンサーリンク