セブンの抹茶祭り!【濃い宇治抹茶ロール】食べてみた。丸久小山園の抹茶使用!

セブンイレブンの抹茶スイーツ『濃い宇治抹茶ロール』を食べてみました。
2018年3月20日(火)発売、210円(税込)

3月6日から3週間連続で開催中のセブンイレブン『抹茶祭り』。毎週2品づつ計6品の抹茶スイーツが発売されています。
第三弾は、『濃い宇治抹茶ロール』と『宇治抹茶和むれっと』。

『宇治抹茶ロール』は、昨年の抹茶スイーツ祭りでも発売された商品、小豆が入った『宇治抹茶あずきロール』でした。

今回は、シンプルな抹茶のカスタードクリームと抹茶のホイップクリームの抹茶ロールですが、抹茶は丸久小山園の宇治抹茶を使用し、抹茶量1.2倍に増量した濃い抹茶。

第一弾の『わっとろ濃い宇治抹茶わらび』、第二弾の『濃いまっちゃもこ』に続いて濃い抹茶が味わえそうです。

外側に抹茶のカスタード、中に抹茶のホイップの2層構造の様子。

抹茶クリームたっぷりで自然な抹茶風味

袋から取り出してみると、盛り上がった抹茶ホイップがフィルムからはみ出し気味。昨年よりクリームは増量されている印象です。

早速、抹茶のスポンジを少しちぎって、抹茶クリームをたっぷりすくって頂いてみます。
はい、これ間違いないやつで〜す。

ほろ苦さのあるしっとりしたスポンジと、自然な抹茶の風味とコクがあるクリームは後を引く組み合わせ。
スポンジが足らなくなるほどボリュームのある抹茶クリームが、また幸せな気分にしてくれます。香料を使用していないものいいです。

これはローソンのプレミアムロールもおちおちできない・・・。

『濃い宇治抹茶ロール』原材料、カロリー

原材料:卵、乳等を主要原料とする食品、砂糖、牛乳、クリーム(乳製品)、小麦粉、水あめ、抹茶、植物油脂、コーンスターチ、バター、卵黄油、乳化剤、クチナシ色素、グリシン、加工澱粉、グリセリン、増粘多糖類(キサンタン)、pH調整剤、酵素、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、大豆を含む)

香料は不使用、着色料は使用されています。

カロリー:235kcal
炭水化物:23.0g
製造:シェフォーレ

セブンイレブンの『濃い宇治抹茶ロール<丸久小山園抹茶使用>』
同日発売の『宇治抹茶和むれっと』といっしょにチェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16
スポンサーリンク