ローソンの抹茶スイーツ【もちもち濃い茶パフェ】食べてみた。

ローソンの抹茶スイーツ『もちもち濃い茶パフェ』を食べてみました。
2019年12月26日(木)発売 380円(税込)。

”いつでもおウチがカフェになる”のコンセプトの「Uchi Café (ウチカフェ)」の商品です。

抹茶ダイス、わらび餅、白玉、抹茶くずプリンのもちもち食感系?!の抹茶パフェ。
抹茶は辻利一本店の宇治抹茶を使用。

下から抹茶ダイスゼリー、抹茶ムース、黒蜜ソース、ホイップクリーム、スポンジ層で、その上に、抹茶くずプリン&わらび餅&白玉がトッピングされています。

年末年始向けのパフェのようで、
他にも、「ぷるるんまるごとプリンパフェ」、「ザクザクチョコレートパフェ」も同日発売されています。

食べた感想

カップを開けると、もちもち三兄弟の濃抹茶色ときな粉色、白色と和スイーツ感ある色合い。抹茶くずプリンにかかった金粉でちょっと華やかに。

抹茶くずプリンは、苦味ある抹茶風味。ちょっとざらつきのある舌触りで、もちっと感は少なめ

その下は、ふわふわのスポンジに、甘ーい生クリーム、そして黒蜜ソースの層。
生クリームはちょっと多過ぎかも?!

抹茶ムースは、抹茶の苦味優先で、風味や香りは控えめ。これだけで食べるとかなり苦いので、黒蜜ソースと生クリームのダブル甘さを一緒に食べるのが正解です。

抹茶ダイスゼリーはもちっと感は多めですが、抹茶風味は薄めな仕上がりです。

柔らか過ぎな白玉と、味わい薄めのわらび餅、抹茶くずプリン、抹茶ダイスゼリーの異なるもちもち感はおもしろいのですが、一緒に食べると、もったり食感が多いので全体的に重めな印象。

黒蜜ソースはいいアクセントになっているので、個人的には、メリハリ食感と苦味よりも抹茶の風味が利いていると嬉しいかも。

原材料、カロリー『もちもち濃い茶パフェ』

原材料名:油脂加工食品、糖類(砂糖、水飴、黒糖、ぶどう糖)、卵、乳等を主要原料とする食品、もち粉、抹茶、小麦粉、ゼラチン、牛乳、マーガリン、きな粉、食用乳化油脂、ショートニング、デキストリン、澱粉加工食品、本蕨粉、植物油脂、寒天、葛粉 / トレハロース、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、加工澱粉、乳化剤、グリシン、pH調整剤、膨張剤、着色料(クチナシ、金箔)、塩化物(K、Mg)、香料、酒精、酵素、酸化防止剤(V.E、チャ抽出物、酵素処理ルチン)、(一部に卵・小麦・乳成分・大豆・りんご・ゼラチンを含む)

原材料に着色料(クチナシ、金箔)・香料は使用されています。
製造:コスモフーズ

カロリー:377kcal
糖質:41.1g

ローソンの抹茶スイーツ『もちもち濃い茶パフェ
チェックしてみては。

今日も美味しいお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶・ほうじ茶(お茶)スイーツ2020年!(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16

のもちもち食感がアクセント。抹茶は辻利一本店の宇治抹茶を使用しています。

スポンサーリンク