島田市緑茶化計画【グリーンティーチョコレート】食べてみた。

島田市緑茶化計画の『グリーンティーチョコレート』を食べてみました。
島田市の産学官、ウェルシア株式会社、横浜薬科大学のコラボ商品で、ウエルシア薬局限定で販売されている緑茶のチョコレートです。

島田市緑茶化計画』とは、お茶の産地として知られる静岡県島田市の市民の『緑茶愛』を高めることで、町と人を元気にするという計画、緑茶のイメージを活用した島田市のプロモーション活動のひとつ。

2017年からコラボでも抹茶のアイスは発売されていますが、チョコレートも楽しみです。

茶カテキン豊富な有機抹茶のアイス!島田市緑茶化計画『GREEN TEA SOFT & ICE CREAM』食べてみた。

2017.07.25

島田市緑茶化計画
http://machipo.jp/shimada-green-ci-tea

横浜薬科大学の総合メディカルセンターが監修。
緑茶粉末を15%配合し、1袋に茶カテキンが830mg含有されているチョコレートです。

緑茶粉末15%というと、1袋50g入りなので、茶葉7.5g程度。
1袋830mgというと、花王ヘルシアの茶カテキンが1本で540mgなので1.5本分程度です。

使用しているチョコレートはココアしっかりのクーベルチョコレート。

食べた感想、茶の渋みしっかりのビターチョコ

袋を開けてみると、中には薄い円形の一口タイプのチョコレートがたくさん

気のせいなのかもしれませんが、表面には練り込まれた緑茶粉末がついているのか、少し緑がかったものがみえます。

食べてみると、渋みがかなりしっかりしたビター感のあるチョコレート。
風味には緑茶の風味はありませんが、荒茶の製造過程できる『茶渋』を微粉末に加工したものを練り込んでいるだけあって、茶カテキンの渋みはしっかりという感じです。

茶カテキンも摂取できて、ビターチョコ好きには苦みもたっぷり楽しめるグリーンチョコレートです。

原材料、カロリー『グリーンティーチョコレート』

原材料名:カカオマス、砂糖、緑茶粉末、ココアバター/レシチン、香料(一部に大豆、乳製品を含む)

香料は使用されています。

製造:ロック製菓

(1袋)
カロリー:282kcal
炭水化物:26.4g
茶カテキン:830mg

ウエルシア薬局で買える島田市緑茶化計画の『グリーンティーチョコレート
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

茶カテキン豊富な有機抹茶のアイス!島田市緑茶化計画『GREEN TEA SOFT & ICE CREAM』食べてみた。

2017.07.25
スポンサーリンク