2018年初のコンビニお茶スイーツ!ファミマ【抹茶とほうじ茶の和ぱふぇ】食べてみた。

ファミりーマートの『抹茶とほうじ茶の和ぱふぇ』を食べてみました。
2018年1月16日発売。238円(税込)

コンビニお茶系スイーツでは、2018年最初に発売されたスイーツです。
2018年もコンビニのお茶系スイーツ。全部いただきま〜す。

抹茶&ほうじ茶パフェは2017年7月に発売されていて、ネーミングも同じ!と思ったら、パフェの文字が、今回はひらがなの”ぱふぇ”に。あ、もちろん見た目や内容は変化してると思います。

以前の透明な容器よりも、黒い器だとキュッと引き締まって和っぽい雰囲気が増しているような。

2つのお茶が楽しめる?ファミマ『抹茶とほうじ茶の和パフェ』食べてみた。

2017.07.06

『抹茶とほうじ茶の和ぱふぇ』の原材料とカロリー

原材料:乳等を主要原料とする食品、砂糖、栗あん、水あめ、牛乳、白玉粉、もち粉、ほうじ茶パウダー、ゼラチン、でん粉、抹茶、寒天、食塩、トレハロース、グリシン、糊料(増粘多糖類)、甘味料(ソルビット)、加工デンプン、乳化剤、メタリン酸Na、pH調整剤、香料、クチナシ色素、酵素、(原材料の一部に大豆を含む)

香料、着色料は使用されています。

カロリーは、191kcal
炭水化物は、30.2g

製造:菓匠 杵乃屋

抹茶はどこ?ほうじ茶のパフェでいいかも・・・

蓋を外すと、思いのほか小ぶり!

小さなカップの中に、濃茶色の小さなダイス寒天、黄色のモンブランペースト、ラテ色のほうじ茶ホイップと白玉がぎゅっと詰め込まれています。存在感は白玉が一番。

ほうじ茶ホイップはほうじ茶風味がふんわりと広がります。抹茶寒天はちょっと硬めで、抹茶の苦味はほんのりありますが風味はあまり感じられません。見た目も小さくて抹茶の味わい、うっす・・・

白玉は定番のもちもち感が美味しいです。

さらに奥深くすくってみると、白いムース状のものとほうじ茶のダイスゼリーが・・・。ほうじ茶ゼリーは、もちっと柔らかめな食感で、ほうじ茶の風味も香りもしっかりあります。白いのはミルク風味のムースのようです。

カップの奥をよくみると、白いミルクっぽいムースの下に、あえて崩してる!?ようなほうじ茶ダイスゼリーがいっぱい!敷き詰められていて、抹茶よりほうじ茶感が圧倒的に優勢。

甘さは、栗のペーストが栗きんとんを思い起こさせるしっかりした甘さ(それが美味しい!)ですが、他は甘さ控えめです。

今回のパフェ、抹茶は少し苦みのあるトッピングの寒天のみで抹茶感はあまりにも少なすぎ。
『抹茶とほうじ茶のぱふぇ』というより、ほうじ茶ぱふぇをいただいたような印象でした。抹茶どこ〜!

でも全体的には、香りも味わいもほうじ茶はしっかり楽しめます。

ファミリーマートの『抹茶とほうじ茶の和ぱふぇ
2018年初コンビニのお茶スイーツ試してみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16
スポンサーリンク