ダイドーの緑茶ペット【日本一の茶師】飲んでみた。全国茶審査技術競技大会優勝の茶師監修!

ダイドードリンコの緑茶ペットボトル『日本一の茶師』を飲んでみました。

ダイドードリンコ系の自動販売機で売られているのでスーパーやコンビニなどではあまり見かけることがない商品。
名前も『日本一の茶師』とお茶好きが気になりそうなネーミング。

茶師』とは、荒茶の品質チェックから仕入れ、選別、火入れ、ブレンド「合組(ごうぐみ)」など、お茶の味を決める大切な仕事を担うお茶の職人。

ボトルには第43回全国茶審査技術競技大会で優勝した茶師「米田 末広」氏の監修と表示されています。

全国茶審査技術競技大会』は、全国茶業連合青年団主催で毎年開催されるお茶の競技会。全国から予選を経て選ばれた120名が、お茶の産地や品種などを当てる技術を競い合いあう大会です。

2018年開催で65回となる大会ですが、茶師「米田 末広」氏はその第43回大会で優勝した方。まさに日本一になった茶師さんが監修するペット緑茶です。
原材料には宇治抹茶も使用、お茶の旨味と香りを引き出すため、低温と高温の2つの温度で抽出しているようです。

飲んだ感想

水色は、にごりのある黄色。

飲んでみると、
新茶のような新緑香があり、ほのかに旨味と甘みのある味わい。
渋みもあるので後味もさっぱりしている緑茶です。

原材料名、カフェイン『日本一の茶師』

原材料名:緑茶(国産)、抹茶(国産) / ビタミンC

カフェイン:12mg(100ml当り)

ダイドードリンコの緑茶ペットボトル『日本一の茶師』
自動販売機でチェックしてみては。

created by Rinker
ダイドー
¥2,022 (2019/09/20 21:30:58時点 Amazon調べ-詳細)

今日も美味しいお茶で愉しい、一日を。

【緑茶(煎茶)】のペットボトル一覧<2019年>。種類も豊富!

2019.01.26
スポンサーリンク