森永乳業アイス【蜜と雪 抹茶】食べてみた。抹茶ソース濃厚!

森永乳業の抹茶カップアイスの新製品『蜜と雪 抹茶』を食べてみました。
2018年6月4日発売 160円(税別)

『濃密ソースと微細氷のハーモニー』と書かれていますが、商品名やパッケージデザインからも濃厚さを感じる商品。抹茶が味えるモウやパルムの森永乳業だけに期待できそう。
いちごとレアチーズも同時に発売されています。

早速、フタを開けてみると、濃〜い抹茶色の氷。
最近は、抹茶粉末が上面にこれでもか! と振りかけてあるカップアイスをよく見かけますが、こちらは宇治抹茶を使用した濃厚ソースが微細氷に掛けてあるようです。

食べてみた感想。抹茶濃厚、滑らか氷

早速、上層をすくって味わってみると、濃い抹茶蜜のシャーベット。氷の粒感もありますが、舌触りはとてもなめから。
抹茶の風味は自然で、蜜の濃い甘みの中に苦みもしっかりあります。

ザクッっと、切り込んで断面を拝見。
中は、上層より少し薄めの抹茶色の層がある2層構造。下の層には小豆の粒がちらほらと見えます。

下層を味わってみると、こちらは甘さは控えめで苦みもある抹茶氷。
こちらも上層と同じ滑らか食感でシャリシャリ感もある微細氷です。

スッと溶けた後に残る小豆が食感も味もしっかりでいいアクセントです。小豆は北海道産とのこと。

上層の抹茶蜜が少し溶けてくると、より濃厚さが増してきます。ちょっと上品な宇治金時のようで、ゆっくりと味わいたくなる抹茶のカップアイスです。
いちごとレアチーズもちょっと食べてみたい〜。

原材料、カロリー『蜜と雪 抹茶』

原材料:砂糖、果糖ぶどう糖液糖、小豆甘納豆、水あめ、ぶどう糖、まっ茶、乳製品、植物油脂、でん粉、食塩、トレハロース、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料

香料は使用されています。

カロリー:195kcal
炭水化物:42.1g

森永乳業の抹茶カップアイス『蜜と雪 抹茶
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶アイス2018年!(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

2018.05.11
スポンサーリンク