コージーコーナー【スフレワッフル 宇治抹茶&おぐら】食べてみた。茶師十段 小林裕氏厳選抹茶!

コージーコーナーの抹茶スイーツ『スフレワッフル 宇治抹茶&おぐら』を食べてみました。
194円(税込)

2019年3月15日(金)から発売されている商品ですが、宇治抹茶クリームには、茶師十段の小林裕氏が厳選した宇治抹茶を使用しているとあって、食べてみたくなりました〜。

小林裕氏は、京都祥玉園製茶の茶師で、13名しかいない最高段位十段の茶師、あの「マツコの知らない世界(お茶の世界)」に出演されていた方です。

番組で紹介されたお茶!マツコの知らない世界【日本茶の世界】1月30日(火)放送。

2018.01.30

スフレワッフル』は、スフレのような軽い口溶けが特徴の皮でサンドしたワッフルとのこと。『宇治抹茶&おぐら』には、濃茶クリームと粒あんがサンドされていて、他には「ホイップ&カスタード」タイプもあります。

『ひょうたん』の形は、手土産にもよさそうな縁起のいい末広がりをイメージしているようです。

食べた感想

コージーコーナーらしく、サイズも大きめで、持ってみると重みも感じるスイーツです。

宇治抹茶クリームもたっぷりです。

抹茶クリームの下には粒あんも。

食べてみると、スフレワッフルは甘めで食感が軽めのしっとりワッフル。生地に厚みはありますが、食べても口の中でパサつく感じはありません、

抹茶クリームは、ほろ苦さのある自然な抹茶風味。粒あんの存在感が思ったよりしっかりなので、いっしょに食べると見た目より抹茶が控えめな印象です。

茶師十段茶師厳選の宇治抹茶使用ですが、原材料に香料、着色料が使用されているがちょっと残念・・・。でも、食べ応えしっかりのスイーツです。

原材料、カロリー『スフレワッフル 宇治抹茶&おぐら』

原材料名:液卵(国内製造)、粒あん、乳等を主要原料とする食品、砂糖、砂糖、小麦粉、クリーム(乳製品)、牛乳、植物油脂、加工油脂、還元水飴、宇治抹茶、全脂大豆粉/ ソルビトール、加工デンプン、乳化剤、膨張剤、糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド、ウコン)、メタリン酸Na

カロリー:284kcal
炭水化物(糖質):32.1g

コージーコーナーの『スフレワッフル 宇治抹茶&おぐら』
チェックしてみては、

今日も美味しいお茶で愉しい、一日を。

スポンサーリンク