レシピ【抹茶のアフォガード】自宅で簡単に作れる抹茶スイーツ!

美味しい抹茶をバニラアイスにたっぷりとかけていただく『抹茶のアフォガード』のレシピをご紹介します。

アフォガードというと、バニラアイスにエスプレッソコーヒーをかけていただく『コーヒーアフォガード』がよく知られています。
抹茶のアフォガード』は、エスプレッソコーヒーの代わりに『抹茶』を使ったもので、用意する材料も少なく、作り方もとても簡単。そしてシンプルがゆえに抹茶の風味がしっかり味わえる抹茶のスイーツなんです。

『抹茶のアフォガード』の材料

<抹茶のアフォガードの材料 1人分>
抹茶: 3g〜4g
お湯: 50ml
バニラアイスクリーム(種別:アイスクリームのもの):100ml程度

『抹茶』はスーパーで購入できるもので十分ですが、できるだけ美味しい抹茶を選びたいもの。10gで200円以上の抹茶を選びましょう。

『バニラアイス』は、ラクトアイス、アイスミルクではなく、乳脂肪分の高い「種別」が『アイスクリーム』のものを用意しましょう。原材料もできるだけシンプルなものがおすすめ。

『抹茶のアフォガード』の作り方

まずは抹茶を点てます。抹茶は4gが濃厚になっておすすめですが、お子さんなど軽めがお好みの場合は3gに。
点てる前に「茶こし」などで軽くふるうと、ダマになりにくいのでおすすめです。

かたまりが無くなって、抹茶がとても溶けやすくなります。

お湯(70〜80度)を50ml注いで、茶筅で抹茶を点てます。
茶筅がない時は、小さい泡だて器などでもOK。

バニラアイスクリームを器に盛ったら準備完了。

抹茶が温かい内に、アイスクリームの上からかけましょう。

アフォガード(affogato)はイタリア語で『溺れた』という意味。アイスクリームが溺れるまでたっぷりかけますよ。

たっぷり〜。

『抹茶のアフォガード』のできあがり!

抹茶にもバニラアイスも余計なものが一切入っていないのでやはり美味しい〜。

冷たいアイスと少し温かい抹茶の組み合わせがアフォガードならでは。少し溶けたアイスに抹茶を多めにすくって食べるのがおすすめです。

抹茶の風味も後味の抹茶の苦みも「本当の抹茶」の味わいが愉しめます。乳製品とコラボした時の抹茶の味わいってこんな味わいになるのね・・・、なんで再認識できるかも。

『抹茶のアフォガード』自宅でお試しあれ

今日もお茶で愉しい、一日を。

created by Rinker
一保堂茶舗
¥1,512 (2019/05/22 11:31:38時点 Amazon調べ-詳細)

レシピ【冷やし抹茶ぜんざい】自宅で簡単に作れる抹茶スイーツ!

2019.05.12
スポンサーリンク