ストレスの多い日は玄米茶

発芽玄米に多くふくまれていて、血圧を下げたり、中性脂肪を抑える役割があると話題になったGABA(ガンマアミノ酪酸)

本来は、脳で睡眠中に生成されるアミノ酪酸で、神経伝達物質としてストレス緩和や、イライラを落ち着かせる働きをしています。
そんなGABAは、玄米茶にも含まれています。

玄米茶は、番茶や煎茶に炒った玄米をブレンドしています。
熱湯で短時間で入れることができ、香ばしくおせんべいの香りがするお茶です。

タンニンが少ないので、苦みもなくまろやかな味で、
カフェインも煎茶より少な目です。

ほうじ茶と同様に煎茶より安価に購入できるところも魅力です。

自分でブレンドして玄米茶を楽しむ

リラックス効果もあり、香ばしいか香りも楽しめる玄米茶
でも、玄米茶を買って毎日飲むとなると飽きてしまいそうですよね。

そんな時は、飲みたい時にだけ自分で玄米茶をつくる方法もおすすめです。
用意するのは、「玄米茶の元」これは炒った玄米だけが袋詰めされているものです。
amazonでも購入できます。

・玄米茶の元:amazon

この玄米の元をスプーン1杯と、通常より少し減らした煎茶、番茶に、熱湯をいれるだけで玄米茶になります。
忙しかった日などは、自覚していなくても多くのストレスを受けています。
そんな日は、玄米茶でリラックして明日に備えるのをお勧めします。

この玄米の元、そのまま食べても香ばしくしくて、とてもおいしい。
ちょっと小腹が空いた時に、煎茶を飲みながらいただくのも楽しみ方の一つです。

スポンサーリンク