伊右衛門【焙じ茶 雁が音茶入り】を飲んでみた。2019年冬限定も!

伊右衛門の『焙じ茶(ほうじ茶)』を飲んでみました。
2019年12月3日(火)発売

伊右衛門の『焙じ茶』ペットボトルは、毎年9月になると秋限定で発売されるのですが、2019年は12月にも新発売され、あれっ?! とおもったら冬限定バージョンのようです。

秋限定は、紅葉やすすきなどの秋らしい絵柄のデザインボトルでしたが、冬バージョンは椿や梅などをあしらったデザイン。
京友禅の老舗として450年以上続く「千總(ちそう)」の絵柄が使用されているとのこと。

千總
http://www.chiso.co.jp/

▼2019年9月発売の秋デザイン

▼2018年発売の秋ボトルデザイン。

ほうじ茶のペット茶商品は、伊藤園、綾鷹には全国通年で販売されている商品がありますが、伊右衛門では、ホット用を除くとなぜか関西限定で販売されている商品のみ。
といっても、Amazonでは購入できてしまいますが・・・。

created by Rinker
伊右衛門
¥2,732 (2020/12/05 23:25:45時点 Amazon調べ-詳細)

冬限定の伊右衛門『焙じ茶』には、秋同様に一部雁ヶ音(かりがね)茶が使用されています。

雁ヶ音茶(かりがね茶)とは

雁ヶ音茶(かりがね茶)とは、お茶の茎の部分だけを使った茎茶のことで、煎茶をつくる過程できる「出物(副産物)」でもあります。

一般的には『茎茶』と呼ばれますが、京都では『雁ヶ音茶(かりがね茶)』と呼ばれていて、特に、高級な煎茶や玉露の茎を使用しているものもあります。また、この『茎茶』を浅く焙じたお茶は、金沢では『棒茶』と呼ばれます。

【白折茶、雁が音茶】とは?甘みと旨味のある上質な茎茶を味わう。

2019年11月29日

飲んだ感想

香りは香ばしく、飲んだ印象は、渋みは少なく、甘みもあって飲みやすいほうじ茶です。
雁が音茶(茎茶)も使用しているためか、まろやかですっきりした味わいです。中身は9月限定と同じ印象です。

原材料、カフェイン『伊右衛門 焙じ茶(雁が音茶入り)』

原材料名:緑茶(国産)/ ビタミンC

カテキン:7mg(100mlあたり)
カロリー:0kcal
カフェインは含まれています。

伊右衛門、2019年冬限定販売の『雁が音茶入り焙じ茶(ほうじ茶)』
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

【綾鷹 ほうじ茶】飲んでみた。香ばしさと渋みが味わえるほうじ茶!

2018年6月19日

一番茶100%『お~いお茶 ほうじ茶』伊藤園、飲んでみた。

2017年9月2日

【ほうじ茶】のペットボトル一覧 <2020年>。種類も豊富!

2019年1月27日

夏の数量限定!伊右衛門【冷ほうじ茶】飲んでみた。涼しげなパッケージ〜

2019年8月6日

伊右衛門:サントリー
https://www.suntory.co.jp/softdrink/iyemon/green_tea/line-up/

スポンサーリンク