セブンの黒蜜もち入り【ほうじ茶薫る 和の白くま】食べてみた。ほうじ茶アイスとミカンの組み合わせ旨!

セブンプレミアムのほうじ茶のアイス、黒蜜もち入り【ほうじ茶薫る 和の白くま】食べてみました。
2018年9月後半発売 365円(税込)

人気の白くまアイスとほうじ茶のコラボレーション。
名前を見るだけで、お茶好きも、白くまアイス好きも食べてみたくなるアイスですね。

みかん果肉が13%も入っている様子、みかんとほうじ茶の組み合わせも新鮮です。
黒蜜も単なる黒蜜ではなく、餅に練り込んだ『黒蜜もち』。製造は、あのアイスまんじゅうでおなじみの『丸永製菓』。
これは期待度高まりま〜す。

食べた感想、ほうじ茶しっかり、みかんと黒蜜餅たっぷり!

マルチパックで、1箱5本入りです。

食べてみると、ほうじ茶アイス部はしっかりとしたほうじ茶の味で、風味も自然です。
ほうじ茶は、伊右衛門でもおなじみの京都・福寿園のグループ会社「宇治の露製茶」の茶葉を使用しているようです。

つづいて酸味のある果肉感のある『みかん』がでてきました。みかんの酸味とほうじ茶アイスなかなか相性がいい〜。
そして、柔らかめの黒蜜餅と、小豆の甘納豆がこれに加わって『和の白くま』が完成です。

みかん果肉は13%入っているだけあって、食べ進んでもみかんがでてきます。
黒蜜餅も負けずにたっぷり、ほうじ茶アイスと黒蜜餅だけだと後半くどくなりそうですが、みかん果肉がほどよく酸味でリセットしてくれるので、最後までおいしく食べ進むことができるほうじ茶アイスです。

原材料、カロリー『ほうじ茶薫る 和の白くま』

原材料名:黒蜜もち(糖類(麦芽糖、黒蜜、砂糖)、もち米粉)、みかん果肉、乳製品、糖類(水飴、砂糖、異性化液糖)、小豆甘納豆、植物油脂、ほうじ茶、デキストリン、食塩/ 香料、安定剤(増粘多糖類、ゼラチン)、乳化剤、増粘剤(加工でんぷん、増粘多糖類)、カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロース)、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)

香料、着色料(カラメル色素)は使用されています。

種別:ラクトアイス
無脂乳固形分:3.5%、乳脂肪分:1.5%、植物性脂肪分:3.5%

製造:丸永製菓

(1本当たり)
カロリー:115kcal
糖質:19.1g

セブンプレミアムのほうじ茶のアイス、黒蜜もち入り『ほうじ茶薫る 和の白くま
チェックしてみは。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶アイス2018年!(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

2018.05.11
スポンサーリンク