ローソン抹茶スイーツ【濃い茶モンブラン】食べてみた。

ローソンの抹茶スイーツ『濃い茶モンブラン』を食べてみました。
2019年4月16日新発売、295円(税込)。

ローソンオリジナルデザート「ウチカフェ(UchiCaféSWEETS)」の新商品。

同日には他にも『濃い茶ロールケーキ』、『抹茶のショコラタルト』も発売されていてローソン抹茶祭り開催中のようです。

スポンジ生地、ムース、ジュレ、クリームに抹茶を使用した抹茶のモンブラン。「濃い茶モンブラン」というとミニストップから何度か発売されている静岡「ななや」の抹茶を使用したお濃茶シリーズもあります。

ローソンの濃い茶モンブランの抹茶は辻利一本店の抹茶を使用。

食べた感想

透明ケースから取り出してみると、濃い茶感がすごい・・・。見た目も素敵〜。

横から見ても抹茶クリームたっぷりです。

半分に切ってみると、抹茶スポンジの上にスポンジと同じ厚みの抹茶ムース、そして黒っぽい色の抹茶ジュレ、ボリューム感のある抹茶クリーム。中も抹茶一色〜。

食べてみると、
抹茶パウダーと、抹茶ジュレの苦みがかなりしっかり・・・。
クリームは少し硬めで、クリームとムースは食感のちがいがあまり感じられませんが、甘みのあとにほろ苦さもあって、パウダー、ジュレといっしょに食べると濃苦茶感が味わえます。

個人的には上に振りかけてある「抹茶パウダー」が本来の抹茶香りとはちがうのが気になりますが、間違いなく食べ応えのある「濃い茶モンブラン」です。

原材料とカロリー『濃い茶モンブラン』

原材料名:糖類(砂糖、水飴)、植物油脂、牛乳、乳等を主要原料とする食品、フラワーペースト、卵、抹茶、全粉乳、ココアパウダー、小麦粉、加糖練乳、ゼラチン、マーガリン、粉末還元麦芽糖水飴、脱脂粉乳、グリシン、乳化剤、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、着色料(クチナシ)、トレハロース、pH調整剤、香料、膨張剤、酒精、酵素、(現材料の一部に大豆を含む)

着色料(クチナシ)、香料は、使用されています。
製造者:コスモフーズ

カロリー:322kcal
炭水化物(糖質):25.9g

ローソンの抹茶スイーツ『濃い茶モンブラン』。
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2019年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16
スポンサーリンク