ローソンの抹茶スイーツ【桜と抹茶のロールケーキ】食べてみた。~はる・はろう・ろうる~

ローソンの『桜と抹茶のロールケーキ~はる・はろう・ろうる~』を食べてみました。
2018年2月20日新発売。210円(税込)。

このロールケーキは、第10回貝印スイーツ甲子園の優勝校と共同開発したオリジナル商品。春らしいパッケージです。

スイーツ甲子園とのコラボ商品

貝印スイーツ甲子園とは、
「スイーツを通じて、全国の高校生たちの自己表現や夢の実現のチャンスを提供したい」との想いをカタチにした、貝印株式会社主催の高校生パティシエNo.1を決める大会。
全国から選ばれた高校生3人1組のチームで、予選・決勝大会で腕を競い、世界にひとつしかないスイーツを創作。審査をするのは日本を代表するパティシエたちです。

そのスイーツ甲子園優勝の副賞のひとつが、ローソン『プレミアムロールケーキ』オリジナルレシピの共同開発権。このロールケーキは、2017年第10回大会で優勝!全国ナンバーワンに輝いた『名古屋調理師専門学校』の生徒さん3人とのコラボ作品です。

「芽吹いてきた若葉を抹茶の生地で表し、サクラを味と見た目で感じられる春満載のロールケーキに仕立て、商品名には、”うきうき・わくわくする春が待ち遠しい!早く来て♪”という想いを込めて」作られたそうです。

春色満載!ふんわり優しい

真ん中の桜の花びらがハートのようで、春色満載!なんとも可愛らしいロールケーキです。
宇治抹茶を練りこんだスポンジ生地の中に、さくら色のホイップクリーム。その真ん中の桜の花びらは葉の塩漬け入りの桜あんゼリーでできています。

抹茶のスポンジは、抹茶の風味というよりかは苦味がほんのり、しっとり感は健在です。中のクリームは桜風味ふんわり、優しい甘み。桜餡ゼリーは意外と厚みがあって、ちょっと羊羹をいただいているような食感で、葉の塩漬け風味がいいかも。

ぜんぶ一緒にいただくと、全体的にふんわり優しく、味わいのメリハリは少なめですが、桜風味のクリームやゼリーの甘さの後に、抹茶のほろ苦さがほんのり感じるような気も・・・。

『桜と抹茶のロールケーキ~はる・はろう・ろうる~』の原材料とカロリー

原材料:クリーム、卵、糖類(砂糖、水飴、ぶどう糖)、植物油脂、小麦粉、マーガリン、いんげん豆、抹茶、還元水飴、脱脂粉乳、粉末元麦芽糖水飴、さくらペースト、塩漬け桜葉、食塩、乳化剤、グリシン、香料、着色料(クチナシ)、トレハロース、膨張剤、糊料(増粘多糖類)、pH調整剤、酒精、酸味料、酵素、ミョウバン(原材料の一部に大豆を含む)

香料・着色料は、使用されています。

カロリー:225kcal
糖質:16.5g
製造:コスモフーズ

ローソンの『桜と抹茶のロールケーキ~はる・はろう・ろうる~
春を先取り。2週間の限定販売なので、試してみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16
スポンサーリンク