ローソンの抹茶スイーツ【宇治抹茶の和ぱふぇ】食べてみた。

ローソンの『宇治抹茶の和ぱふぇ』を食べてみました。
2017年12月26日発売。350円(税込)。

”いつでもおウチがカフェになる”がコンセプトの「ウチカフェ(UchiCaféSWEETS)」の新商品です。

ローソンの抹茶スイーツではおなじみの辻利一本店の宇治抹茶を使用。

宇治抹茶のパフェは、一年前の12月26日にも『宇治抹茶づくしのパフェ』が発売されていました。
比べてみると、今回は栗がない様子・・・。

▼2016年12月26日発売 『宇治抹茶づくしのパフェ』

辻利一本店の宇治抹茶!ローソン「宇治抹茶づくしのパフェ」食べてみた。

2017.01.01

『宇治抹茶の和ぱふぇ』の原材料とカロリー

糖類(砂糖、黒蜜、オリゴ糖、水飴、ぶどう糖、麦芽糖)、食用植物油脂、乳製品、卵、小豆、もち粉、小麦粉、抹茶、ゼラチン、牛乳、ココアバター、粉末還元麦芽糖水飴、食塩、寒天、油脂加工品、澱粉、トレハロース、グリシン、糊料(増粘多糖類)、乳化剤、pH調整剤、クチナシ色素、膨張剤、塩化K、塩化Mg、酒精、香料、酵素、(原材料の一部に大豆、りんごを含む)

香料、着色料は使用されています。

カロリーは、380kcal
糖質は、46.6g
製造はコスモフーズ。

苦味しっかり、風味は控えめな抹茶づくしのぱふぇ

抹茶ムースに抹茶のダイズゼリー、つぶあん、もち玉、クリームとトッピングは盛りだくさん。色合いも抹茶好きの心をくすぐるシンプルカラーでまとめられています。
香りは、ちょっと草っぽい感じもありますが、抹茶の香りほんのりします。

横から見るとわかる通り、トッピングの下も盛りだくさんです。
一番下に抹茶プリン、スポンジと濃いグリーンの抹茶ソースと黒蜜のダイスゼリー、そして一番上にミルクムースと層を作っています。

まずはトッピングから。抹茶ムースは苦味はありますが風味は薄め、抹茶ゼリーのもちもち食感はいい感じです。つぶあんともち玉は定番の美味しさですね。

次はトッピング下の本体部分へ。黒糖ゼリーも食感はもちもちが楽しいですが、こちらも風味は控えめ。
濃い抹茶色の見た目がゼリーっぽいのは抹茶ソース、苦味は少なめでなめらかな舌触りです。スポンジはしっとりで、意外と存在感あり。

いろいろ素材を一緒にいただくと、抹茶の苦味は残りますが、プリン、ゼリー、ソース、ムースと抹茶づくしですが、ミルクムースやクリーム、スポンジの洋の甘さの方が存在感強めで、抹茶風味は全体的に控えめな印象です。

でも、食感も色々で、盛りだくさん感が楽しめるパフェです。

ローソンの『宇治抹茶の和ぱふぇ』。
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16
スポンサーリンク