ローソン抹茶スイーツ【宇治抹茶のシュークリーム】食べてみた。

ローソンの抹茶スイーツ『宇治抹茶のシュークリーム』を食べてみました。
2018年5月22日新発売、150円(税込)。

ローソンオリジナルデザート「ウチカフェ(UchiCaféSWEETS)」の新商品。
おなじみの辻利一本店の宇治抹茶が使用されています。

ローソンの抹茶シュークリームといえば、毎年3月に和風パイシューが発売されていますが、オーソドックスな抹茶のシュークリームは最近では珍しい。

ローソンの【抹茶あん&抹茶ホイップの和風パイシュー】食べてみた。

2018.03.28

ローソン『あん&抹茶ホイップの和風パイシュー』【ウチカフェ】食べてみた。

2017.03.08
スポンサードリンク

食べてみた感想。自然な抹茶風味のシンプルな味わい

シュー皮の上に、ホワイトチョコレートのコーティング、そして抹茶パウダーをトッピング。
シュー皮の香りとともに、抹茶香もほんのりと。

美味しさをアップするためのトッピング、溶けてしまっているせいなのか、かかっている量が少ないからなのか、ホワイトチョコというよりシューガーみたいで、見ためはちょっと微妙な感じ・・・。

でも食べてみると、抹茶クリームは、苦み加減もちょどいいほろ苦さで、自然な抹茶風味が感じられます。

甘さも控えめでシンプルな味わい。皮は柔らかくしっとり系で、抹茶クリームもとてもなめらかな舌触りなので食べやすい抹茶シュークリームです。

『宇治抹茶のシュークリーム』の原材料とカロリー

原材料:卵、糖類(砂糖、乳糖)、植物油脂、牛乳、乳製品、小麦粉、ファットスプレッド、マルトデキストリン、抹茶、ココアバター、マーガリン、ゼラチン、還元麦芽糖水飴、澱粉、食塩、ヤシ硬化油、卵黄油、洋酒、小麦不活性ルヴァン粉末、グリシン、トレハロース、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、乳化剤、カゼインNa、膨張剤、pH調整剤、香料、クチナシ色素、メタリン酸Na、塩化K、塩化Mg、酵素、(原材料の一部に大豆を含む)

香料、着色料は使用されています。
製造:コスモフーズ

カロリー:252kcal
糖質:22.1g

ローソンの『宇治抹茶のシュークリーム』。
試してみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)

2017.08.16
スポンサーリンク