ナチュラルローソンの【加賀棒ほうじ茶のカヌレ】食べてみた。

ナチュラルローソンの『加賀棒ほうじ茶のカヌレ』を食べてみました。
160円(税込)

『カヌレ』とは、フランスのボルドー地方の女子修道院で作られていたという伝統的な洋菓子。

溝が入った専用のカヌレ型で焼き上げた凸凹した模様の外形と、蜜蝋(みつろう)入り(バターで代行することも)で、表面はカリッと香ばしく、内側はしっとりと柔らかいのが特徴の洋菓子です。ネーミングの由来はこの溝の入った外観で、溝をつけるという意味のフランス語の”canneler”からきています。

カヌレの加賀棒ほうじ茶味は初めてみました。フランスの洋菓子とのコラボ、楽しみです

ローソンは、ほうじ茶は加賀棒茶押しのようで、スイーツでも加賀棒茶をつかった商品がでていました。

おいしい〜!ローソン【加賀棒ほうじ茶の純生クリーム大福】食べてみた。

2017.11.08

ローソンのほうじ茶スイーツ『加賀棒茶のほうじ茶プリン』食べてみた。

2017.08.30

食べてみた感想。ほうじ茶の苦みほんのり!カヌレ食感がおもしろい。

プレーンのカヌレよりさらに焦げ感強いこげ茶色の小さな王冠の上には、多分ほうじ茶?なパウダーがトッピング。
香りは、ちょっと黒糖のような・・焦げたような・・なんとも香ばしい香りです。

割ってみると、中も濃いめのほうじ茶色。外側の香ばしい香りにちょっと押されていますが、チョコっぽいほうじ茶の香りがほんのりと。

食べてみると、一瞬チョコな感じがするのですが、その中にほうじ茶の苦みや香ばしさがふわっと広がります。
購入してすぐに食べなかったので、外側のカリッと感はあまり感じられなかったのですが、香ばしい風味と、中側のしっとり柔らかい、ちょっと不思議なカヌレ食感は楽しめました。

加賀棒ほうじ茶と普通のほうじ茶との違いは、未熟者にはまだまだわからず・・・です。

原材料とカロリー『加賀棒ほうじ茶のカヌレ』

原材料:牛乳、砂糖、小麦粉、卵、茶(国産)、バター、植物油脂、バニラペースト、トレハロース、乳化剤、酸化防止剤(V.E)

香料・着色料は使用していません。
製造:コスモフーズ

カロリー:184kcal
糖質:31.1g

ナチュラルローソンの『加賀棒ほうじ茶のカヌレ』
めずらしいほうじ茶風味のカヌレ、試してみては。

今日もお茶で愉しい、1日を。

スポンサーリンク