明治の抹茶アイス【辻利 抹茶ふんわりサンド】食べてみた。粒あん入り。

明治の抹茶アイス『辻利 抹茶ふんわりサンド』を食べてみました。
2019年9月発売 170円(税抜)

抹茶アイスをスポンジ焼き菓子でサンドしたアイス。9月に発売されていたようですが、なぜか見かけてたのが3ヶ月もたってから・・・。
抹茶には、京都宇治総本家「辻利」の抹茶が使用されています。

抹茶アイスの真ん中には、粒あんが入っています。

2018年には同じ焼き菓子サンドタイプで「辻利 抹茶ブッセ」という製品が発売されていました。
パッケージ写真の見た目もほぼ同じ印象。もちソース入りでしたが、2019年はもちソースが粒あんになったようです。

明治の抹茶アイス【辻利 抹茶ブッセ】食べてみた。見ため超おいしそう!

2018年9月27日

食べた感想

袋から取り出して見ると、ナボナのような抹茶色の焼き菓子。
スポンジ生地のいい香りがします。ところどころ少しべとつく感じは昨年の「抹茶ブッセ」と同じ。

厚めの抹茶アイスがサンドされているので、横からの見た目もボリューム感があって美味しそうです。

食べてみると、スポンジ生地はふわっとしたスポンジ食感で、甘さはしっかり。
抹茶アイスはさっぱりしたアイスで、後味にほろ苦さがありますが抹茶感は少し薄めです。

粒あんの甘みがさっぱりした抹茶アイスとよくあっていて、冬の季節に食べたくなりそうな和菓子のアイスという感じですが、焼き菓子がちょっと甘いので全体としてはちょっと甘めなサンドアイスです。

原材料、カロリー『辻利 抹茶ふんわりサンド』

原材料名:砂糖、鶏卵、あん、小麦粉、乳製品、植物油脂、異性化液糖、まっ茶、水あめ、粉糖、還元水あめ、でん粉/ トレハロース、ソルビトール、乳化剤、香料、膨張剤、安定剤(増粘多糖類)、着色料(β-カロテン)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

種類別:アイスミルク
無脂乳固形分:7.5%、乳脂肪分:3.5%、植物性脂肪分:4.5%

内容量:68ml
カロリー:194kcal
炭水化物(糖質):33.8g

販売:明治、製造:サンタ

明治の抹茶アイス『辻利 抹茶ふんわりサンド
チェックしてみては。

今日も美味しいお茶で愉しい、一日を。

コンビニ【抹茶アイス 2020年!】ほうじ茶・紅茶アイス(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)

2018年5月11日
スポンサーリンク