ローソンの抹茶スイーツ【春薫る桜和ぱふぇ】食べてみた。

ローソンの抹茶スイーツ『春薫る桜和ぱふぇ』を食べてみました。
2019年2月26日(火)発売 285円(税込)

立春となってひな祭りの季節となると、各コンビニスイーツも『桜』をテーマにした商品がならびます。
『春薫る桜和ぱふぇ』もそのひとつ。他にもローソンでは『桜餅』や、『春薫る桜生どら焼』、『春薫る桜シュークリーム』が同日に発売されています。

『春薫る桜和ぱふぇ』は、桜あん、道明寺、白玉、桜の花、ホイップがトッピングした和パフェ。
名前もトッピングも桜満載で、抹茶感はまったくなさそうですが、下部はしっかり抹茶ムースになっています。

パフェというとボリュームがあるものが多く、食べたくて買ったものの最後まで食べ切らないことがありますが、この商品は底が浅めな手頃サイズです。

食べた感想、抹茶もしっかり味わえる

フタを開けると、ほどよい桜のいい香り。

桜あんは滑らかで桜の風味もしっかり。
道明寺はつぶつぶ食感がちゃんと楽しめて白玉もモッチモチです。

抹茶ムースはほろ苦さがあって自然な抹茶の風味、ムースの中に入っている小さな栗の食感と味がいいアクセントになっています。

このような組み合わせの場合、桜風味に負けて抹茶は控えめになりがちですが、抹茶もしっかり味わえる和パフェです。

原材料、カロリー『春薫る桜和ぱふぇ』

原材料名:糖類(砂糖、水飴、ブドウ糖、粉飴)、植物油脂、もち粉、いんげん豆、乳製品、栗、抹茶、ゼラチン、還元麦芽水飴、桜の花、塩漬け桜葉、食塩、還元水飴、寒天、澱粉、トレハロース、グリシン、乳化剤、着色料(クチナシ、紅麹)、pH調整剤、糊料(増粘多糖類)、香料、酵素、塩化K、塩化Mg、酸化防止剤(V.C、V.E)、ミョウバン、(原材料の一部に卵、大豆を含む)

原材料に着色料(クチナシ、紅麹)、香料は使用されています。

製造:コスモフーズ

カロリー:228kcal
糖類:32.6g

ローソンの抹茶スイーツ『春薫る桜和ぱふぇ』
チェックしてみては。

今日もおいしいお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2019年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16
スポンサーリンク