不二家【カントリーマアム ほうじ茶ラテ】食べてみた。ファミマ先行発売!

不二家のほうじ茶のお菓子『カントリーマアム ほうじ茶ラテ』を食べてみました。
2019年11月26日ファミリーマート先行・数量限定発売。130円(税込)。

2017年11月に発売されたほうじ茶味のカントリーマウムは、「チョコを愉しむカントリーマアム」シリーズで、ほうじ茶はほんのりでチョコ感たっぷりでした。
今回のほうじ茶味は、一番茶と北海道産牛乳使用の生地に、ホワイトチョコチップ入りと優しそうな味わいです。

『カントリーマアム ほうじ茶ラテ』の原材料とカロリー

原材料:小麦粉、砂糖、植物油脂、チョコレートチップ(乳成分・大豆を含む)、還元水あめ、卵、白ねりあん(乳成分を含む)、全脂大豆粉、全粉乳、水あめ、ほうじ茶、牛乳、卵黄(卵を含む)、脱脂粉乳 / デキストリン、加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、安定剤(加工デンプン)、香料、膨脹剤、カラメル色素

香料、着色料(カラメル色素)は使用されています。

<1枚あたり>
カロリー:50kcal
炭水化物(糖質):6.4g

食べた感想。甘くてミルキーなほうじ茶ラテ。

中は、個包装に包まれた一口サイズのカントリーマウム5個入り。

個包装を開いた途端に、ほうじ茶の香りがふわっと香ります。
味わいは、ソフトなほうじ茶風味。香ばしい感じはあまりなくて、甘くて優しい、確かにほうじ茶ラテな感じ。

そこにホワイトチョコチップが加わって、よりミルキーな風味と甘さがアップします。

外はサックリ、中はしっとり”のカントリーマウムの食感は健在です。
ミニサイズの方が外のサクッと感がアップされているような気も・・・。

不二家の『カントリーマアム ほうじ茶ラテ
個包装の上、5個入りの食べきりサイズ、仕事や家事のの合間にいかが。

今日も美味しいお茶で愉しい、一日を。

抹茶、ほうじ茶のお菓子【2019年新商品】スーパー、コンビニで買える。

2019.03.19

【2017年11月発売】「チョコを愉しむカントリーマアム(ほうじ茶ラテ)」

不二家のほうじ茶の『チョコを愉しむカントリーマアム(ほうじ茶ラテ)』を食べてみました。
2017年11月7日期間限定販売。119円(税込)。

カントリーマアムは、1984年発売のロングセラー商品。外はさっくり、中はしっとりの食感が特徴のソフトクッキー。定番はもちろん、地域限定や季節限定で様々な味わいが随時発売されています。

<チョコを愉しむカントリーマアム>シリーズは、一粒がミニサイズのカントリーマアムにビターなチョコをかけた、45g入り食べきりパック。仕事や家事の合間に手軽に楽しめます。
この新商品は、香ばしいほうじ茶ラテ風味のカントリーマアムとビターチョコの大人な組み合わせ。

『チョコを愉しむカントリーマアム(ほうじ茶ラテ)』の原材料とカロリー

原材料:砂糖、小麦粉、植物油脂、カカオマス、還元水あめ、全粉乳、白ねりあん(乳を含む)、卵、生クリーム、全脂大豆粉、牛乳、ココアバター、水あめ、ほうじ茶、食塩、卵黄(卵を含む)、乳糖、脱脂粉乳、デキストリン、加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、安定剤(加工デンプン)、香料(大豆由来)、膨脹剤、カラメル色素

香料、着色料は使用されています。

カロリーは、229kcal
炭水化物は、27.4g

ミニサイズが可愛い!チョコ強め&ほんのりほうじ茶なカントリーマアム

袋の中は、思ったより小さくて可愛い一口サイズのカントリーマアム6個入りです。裏面にはたっぷりと、表面には斜めがけのチョコのトッピング。

カントリーマウムが常温だとチョコの香りがだいぶ勝ってしまいますが、冷やすとほうじ茶の香りをほんのり感じられます。

食べてみると、第一印象はチョコな味わい。ほうじ茶ラテのミルク感はあまり感じませんが、ほうじ茶は探して探してみると、ほのかに感じるような・・・

ほうじ茶の香ばしさはチョコの風味にも似ているので、チョコっぽさもほうじ茶の一環なのかもしれませんね。
<チョコを楽しむカントリーマウム>というコンセプト通り、チョコ感はたっぷり感じられます。

不二家の『チョコを愉しむカントリーマアム(ほうじ茶ラテ)
ミニサイズで食べやすく、小袋の食べきりサイズなので、ちょっと甘いものが欲しい時に。

今日もお茶で楽しい一日を。

不二家の抹茶祭り!【カントリーマアム 熟成宇治抹茶】食べてみた。

2018.03.05

チョコを愉しむカントリーマアム(ほうじ茶ラテ):不二家
https://www.fujiya-peko.co.jp/sweets/item/16626.html

スポンサーリンク