ファミマの抹茶スイーツ【宇治抹茶パフェ】食べてみた。

ファミリーマートの抹茶スイーツ『宇治抹茶のパフェ』を食べてみました。
2018年5月15日新発売、298円(税込)。

新茶のこの時期は、抹茶スイーツが続々発売されますが、ファミリーマートは特に先週から抹茶祭り大開催中! 先週の8製品に加え、今週は抹茶系パン2種類とこの「宇治抹茶のパフェ」を新発売です。

「宇治抹茶のパフェ」は、2017年も同時期に発売されていますが、2018年は少し装いを変えて・・・。抹茶ゼリーの代わりに、抹茶プリンとわらび餅が新登場。

抹茶の風味より苦み?!な盛りだくさん抹茶パフェ

生クリームの上に抹茶ソースと透明のわらび餅がトッピング。つぶあんは少々控えめです。香りはちょっと草っぽい・・・感じ。

横から見ると、お見事!イラスト通りのラインナップ。美しい層が描かれています。そして2018年もビックサイズです。

かなり濃い色の抹茶ソースはかなりの苦み!甘めの生クリームや他の素材と一緒に食べてちょうどいい、のか?!

中間の抹茶色層は、抹茶スポンジ、抹茶クリーム&ソース、抹茶ムースと盛りだくさん。
なのですが、抹茶の風味はあるものの、全体的に薄ぼんやりしている印象です。もしかして盛りすぎなのかも?

一番下の濃い抹茶色のプリン?は、抹茶風味というか、ちょっと変な苦みが口の中に残る気がします。

パフェなので一緒に食べてこそ!ですよね。ぜんぶ一緒にいただくと、クリームやつぶあんの甘さと抹茶の苦み、素材の食感などのバランスを自分好みの味わいで楽しめるかも。

個人的には、抹茶感は風味よりも苦みで表現してるのかな、という印象でした。

『宇治抹茶のパフェ』の原材料とカロリー

原材料:乳等を主要原料とする食品、砂糖、加糖あん、鶏卵、小麦粉、抹茶、牛乳、麦芽糖、ゼラチン、コーンスターチ、加糖練乳、洋酒、水飴、油脂加工食品、澱粉、本葛粉、大豆植物繊維、加工澱粉、トレハロース、グリシン、着色料(クチナシ、カロチン)、乳化剤、ソルビット、pH調整剤、メタリン酸Na、膨張剤、香料、グリセリン、増粘多糖類、(原材料の一部に乳、卵、小麦、ゼラチン、大豆を含む)

香料、着色料は使用されています。

カロリー:343kcal
炭水化物:42.8g
製造:デザートランドM3

ファミリーマートの2018年『宇治抹茶のパフェ』。
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16

【2017年5月発売】『宇治抹茶パフェ』

ファミリーマートの新商品『宇治抹茶パフェ』を食べてみました。
2017年5月2日発売。

意外と大きい! 1個298円(税込)。

ファミマの宇治抹茶パフェ上から

各コンビニから、次々と抹茶を使ったパフェが発売されています。
いろいろな素材や味のトッピングが多い「」を主張するパフェが多い中、今回の「宇治抹茶パフェ」の分類は「洋菓子」。見た目もですが、中身もムース、ゼリー、スポンジ、クリームと、洋菓子のラインナップのようです。

そして、色合いも抹茶&白でほぼ統一されていて、期待できます。

ファミマの宇治抹茶パフェ斜め

宇治抹茶パフェ』の原材料は、
乳等を主要原料とする食品、砂糖、加糖あん、牛乳、生クリーム、鶏卵、小麦粉、加糖練乳、抹茶、ゼラチン、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、油脂加工食品、コーンスターチ、水飴、グリシン、ゲル化剤(増粘多糖類)、着色料(クチナシ、カロチン)、乳化剤、香料、ソルビット、リン酸塩(Na)、膨張剤、グリセリン、増粘多糖類、pH調整剤、(原材料の一部に乳、卵、小麦、ゼラチン、大豆を含む)

香料着色料は使用されています。

宇治抹茶パフェの原材料

カロリーは、353kcal。カロリー高め。

宇治抹茶パフェのカロリー353kcal

いろんな味わいの”抹茶”を楽しめる『宇治抹茶パフェ』

顔を近づけてみるとちゃんとお茶の香りがします。香料的ではなく、自然な香りのように感じます。色合い的には、粒あんはない方が素敵かも・・・と思ってしまいましたが、味わいにはあんは必須ですよね。

宇治抹茶パフェの上から

横から見ると、抹茶色と白の層が美しい! 上から生クリーム、抹茶スポンジ、クリームかムース、抹茶ゼリー、抹茶ムース、ミルクムース、と層ごとに違った風味を楽しめそうです。

宇治抹茶パフェの6層構造

奥の6層まではなかなか届きませんが、まずはひとさじ。
抹茶ゼリーと生クリームまで。ソースにも抹茶のほろ苦さがあります。

生クリームと抹茶寒天

さらにガバッとひとさじ。抹茶スポンジと生クリーム、かろうじて抹茶ムースまで到達。スポンジの抹茶風味とク生リームで、ここは抹茶ケーキのような感じですね。ムースは次のひとさじに。

抹茶のスポンジとミルクムース

だいぶ底の層まで近づいてきました。

抹茶ムース&ミルクムースまで到達。
抹茶ムースは抹茶の苦味風味がしっかりあります。ミルク風味のムースの甘さと調和されて、ちょうどいい塩梅です。

ゼリーや、スポンジ、クリーム、ムースなどいろいろ入っていますが、味わいが抹茶とミルクに統一されているので、抹茶感も味わえます。そしてスプーンですくった場所によって違った食感風味があって楽しいです。

抹茶ムースとミルクムース

ただ、個人的には生クリームがちょっと多すぎ・・・。見た目のゴージャスさには欠かせないのかもしれませんが、生クリーム少なめな大人バージョンができたら、もっとお抹茶を感じられる気がします。

最後に、粒あんは、味わいを変えるアクセントとして、やっぱり必要な存在でした。

ファミマの宇治抹茶パフェ寄り

ファミマの新商品『宇治抹茶パフェ』。
ちょっと甘めですが、ワンカップの中で、いろいろな味わいの抹茶を楽しめます。入荷数が少ないみたいなので見かけたときはぜひ。

スポンサーリンク