ファミマの抹茶スイーツ【宇治抹茶のケーキ】食べてみた。

ファミリーマートの抹茶スイーツ『宇治抹茶のケーキ』を食べてみました。
2018年12月4日発売、298円(税込)。

一年以上熟成させた、甘みがあり濃厚な味わいの京都府産熟成宇治抹茶を使用。
熟成宇治抹茶を使用したスイーツは、もう一品「宇治抹茶のシュークリーム」も同時に発売されています。

熟成抹茶とは・・・
初夏に摘んだ新茶をじっくりと熟成させると、秋・冬には甘みを増した、まろやかでコクと深みのある茶葉に生まれ変わります。熟成抹茶とは、その生まれ変わった茶葉を抹茶に挽いたもののことで、初夏の抹茶とはまた違って、コク・旨みがアップするのだそう。

食べてみた感想。抹茶の苦みが印象的。

上から見ると、抹茶ホイップ・抹茶ソース・抹茶ムースが抹茶色グラデーションになっています。

横から見ると、ココアスポンジと抹茶ムースの4層になっていて、しぶ〜い色合いの抹茶ケーキに。よーく見ると、抹茶のムースは上と下では色合いが違う・・・どうやら濃さが違うようです。凝ってますね。

抹茶のムースは、抹茶の風味はあるのですが、抹茶の苦みの方がしっかりで、色合いと同じく下のムースの方がちょっと濃いめ。ココアスポンジは甘さ控えめでふわふわ食感。上のホイップやクリームも単体で食べると、思いの外、抹茶の苦みが気になります。

全体的に、熟成抹茶の濃厚さというよりは、抹茶の苦みが強い印象の味わいです。

原材料とカロリー『宇治抹茶のケーキ』

原材料:砂糖、乳糖を主要原料とする食品、卵、小麦粉、チョコレート、抹茶、牛乳、ゼラチン、植物油脂、油脂加工食品、ココアパウダー、加糖練乳、水飴、グリシン、着色料(クチナシ、炭末、カロチン)、乳化剤、膨張剤、酢酸Na、メタリン酸Na、pH調整剤、増粘多糖類、香料、(原材料の一部に、大豆を含む)

着色料・香料は使用されています。

カロリー:195kcal
炭水化物:22.2g

ファミリーマートの抹茶スイーツ『宇治抹茶のケーキ』。
試してみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16
スポンサーリンク