セブンのほうじ茶スイーツ【きなことほうじ茶の和ぱふぇ】食べてみた。

セブンイレブンのほうじスイーツ『黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ』を食べてみました。
2020年8月25日発売、300円(税込)。

久しぶりのほうじ茶パフェは、おなじみ黒糖ゼリーが黒糖わらび餅に変わって登場。楽しみです。

黒糖わらび餅、ほうじ茶ムース、ホイップクリームの上に、栗、白玉、粒あん、ほうじ茶ホイップをトッピング。

横から見ると、やや小ぶりなサイズになったような・・・。黒糖わらび餅、ほうじ茶ムース、ホイップクリームの3層のグラデーションは美しいです。

食べた感想

白玉、粒あん、ほうじ茶ホイップ、栗とトッピングの色合いもすっかり秋色に。

ほうじ茶ホイップとホイップクリームはふんわりやわらかい食感。もちもち白玉と粒あんと栗は間違いのない和トッピングです。栗はもう少し量を増やして欲しいかも。

ほうじ茶ムース(ほうじ茶ホイップも)は、ほうじ茶っぽい風味はするのですが、ちょっとほうじ茶感が不自然なほど強すぎるな、という印象。最近のほうじ茶のスイーツやお菓子にも共通していて、ほうじ茶が安っぽい感じなのが気になります。

黒糖わらび餅は、黒糖風味しっかりで、ゼリーとかジュレな食感。わらび餅のもっちりトロッとな食感を期待してしまったのでちょっと残念・・・。

一緒に食べることで、黒糖風味やホイップのクリーム感やトッピングの味わいで、ほうじ茶感もまろやかになりますが、個人的にはリピートはしないかもな・・・。

原材料、カロリー『黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ』

原材料名:乳頭を主要原料とする食品、クリーム(乳製品)、牛乳、加工黒糖、水飴、つぶあん、白玉粉、グラニュー糖、栗甘露煮、ほうじ茶、ゼラチン、澱粉、わらび粉、葛粉 / 糊料(増粘多糖類・加工澱粉・CMC・寒天・増粘多糖類)、加工澱粉、グリシン、環状オリゴ糖、乳化剤、カラメル色素、酵素、酸化防止剤(V.C)、クチナシ色素、香料、(一部に、乳成分・卵・ゼラチン・大豆を含む)

香料・着色料(カラメル色素)は使用されています。
製造:十勝大福本舗

カロリー:281kcal
糖質:36.4g

セブンイレブンのほうじ茶スイーツ『黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶・ほうじ茶(お茶)スイーツ2020年!(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017年8月16日

【2018年11月発売】『きなことほうじ茶の和ぱふぇ

セブンイレブンのほうじスイーツ『きなことほうじ茶の和ぱふぇ』を食べてみました。
2018年11月27日発売 297円(税込)。

昨年同時期に発売されたほうじ茶の和ぱふぇは、秋感たっぷりの栗との組み合わせ。今回は相性抜群のきなことのコラボです。

和ぱふぇ定番のトッピングの下には、セブンイレブンお得意の黒糖寒天ダイスが入ったほうじ茶ムース。

食べた感想、思いの外、焙じ茶風味が楽しめる和ぱふぇ

白玉、わらび餅、粒あん、ホイップ、抹茶ホイップ、さくらんぼにきな粉を降らしてと、パフェ感たっぷりのトッピング。

トッピング部分からいただいてみると、きな粉まみれだけあって、ホイップもきな粉味。

わらび餅はトロッと柔らかく、白玉はモッチリと。和素材の定番は間違いない!

中の焙じ茶ムースは、甘さ控えめで、香ばしいほうじ茶の風味がしっかり味わえます。ほんのり甘い黒糖の寒天の風味と食感の違いもいい感じです。

全体的にマイルドな印象のぱふぇ。色々な素材がてんこ盛りなので、全部いっぺんにいただくより、少しづつ組み合わせると、素材プラス味わいの変化も楽しめます

原材料、カロリー『きなことほうじ茶の和ぱふぇ』

原材料名:焙じ茶ムース、加工黒糖寒天、白玉、ホイップ、わらび餅、粒餡、蜜漬桜桃、抹茶ホイップ、きな粉、トレハロース、加工澱粉、グリシン、乳化剤、糊料(CMC・寒天・増粘多糖類)、着色料(クチナシ、カラメル、ラック)、環状オリゴ糖、pH調整剤、酵素、酸化防止剤(V.C)、乳酸Ca、(原材料の一部に、乳成分・卵・小麦・大豆・ゼラチンを含む)

着色料は使用されています。
製造:十勝大福本舗

カロリー:276kcal
炭水化物:36.2g

セブンイレブンのほうじ茶スイーツ『きなことほうじ茶の和ぱふぇ』
チェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

スポンサーリンク