お茶と一緒に食べたい!【東京のおいしい大福 7選】

煎茶やほうじ茶などの日本茶との相性抜群! みんな大好きな『大福』の美味しいお店(東京界隈)を探してみました。

大福はお餅に餡子とシンプルながらも和の魅力がたっぷりの和菓子です。東京には、行列のできるような『大福』の美味しい名店がたくさんあります。お店によって異なるこだわりや味わいを、美味しいお茶と一緒にほっこりしてみてはいかがでしょうか。

東京にあるおいしい豆大福のお店

群林堂(ぐんりんどう)の豆大福

創業大正5年、文京区音羽にある老舗和菓子店「群林堂」。三島由紀夫や松本清張など文豪にも愛されてきた名店です。豆が主役の大福というべく、すこーし塩味が効いている北海道富良野産の赤えんどう豆が一個につき、30粒以上。柔らかいお餅と甘さしっかりの十勝産粒あんとの組み合わせもベストマッチの豆大福です。『東京三大豆大福』の1つ。

<豆大福(粒あん): 180円(税込)>
【営業時間】 9:30~17:00(売り切れ次第閉店)
【休日】 日曜日・月曜日・お盆時期(他に臨時休業あり)
【予約】 不可
【住所】 東京都文京区音羽2-1-2
【アクセス】 東京メトロ有楽町線「護国寺駅」5番出口より徒歩1分
【参考URL】 https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13003816/

松島屋(まつしまや)の豆大福

大正7年の創業、港区高輪にある老舗和菓子店「松島屋」。昭和天皇にも愛されたことで有名な豆大福は、甘さ控えめな粒あんと豆の塩気と食感、うすーく伸びのいいお餅との3つのバランスが絶妙です。平日で正午すぎ、休日は午前中で売り切れてしまうこともあるので、確実に購入したい場合は、電話での予約がおすすめ。『東京三大豆大福』の1つ。

<豆大福(粒あん): 180円(税込)>

【営業時間】 9:30~18:00(売り切れ次第閉店)
【休日】 日曜日・月2回月曜不定休
【予約】 1個から可(03-3441-0539)
【住所】 東京都港区高輪1-5-25
【アクセス】 東京メトロ南北線/都営三田線「白金高輪駅」2番出口より徒歩8分、都営浅草線/京急線「泉岳寺駅」A3出口より徒歩5分
【参考URL】 https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13007137/

瑞穂(みずほ)の豆大福

1981年に創業、原宿で愛され続ける和菓子の名店「瑞穂」。お餅がやわらかく、ずっしり感があります。たっぷりと入った上品なこしあんが絶品の豆大福。『東京三大豆大福』の1つ。

<豆大福(こしあん): 238円(税込)>

【営業時間】 8:30~(売り切れ次第閉店)
【休日】 日曜日・8月中旬・年末年始
【予約】 不可(以前は前日予約可能だったが、今は中止しているそうです。)
【住所】 東京都渋谷区神宮前6-8-7
【アクセス】 東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」より徒歩4分
【参考URL】 https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13001154/

虎ノ門 岡埜榮泉(おかのえいせん)の豆大福

大正元年創業の老舗「虎ノ門 岡埜榮泉」。どっしりとボリュームのある、上品でなめらかなこし餡が主役の豆大福は、おもたせに大人気の一品。場所柄、ビジネスマンたちが手土産に箱買いしていきます。一番人気は豆大福ですが、栗饅頭、ワッフルなど他にも名品が揃っています。

<豆大福(こしあん): 242円(税込)>

【営業時間】 月~金 9:00~17:00 / 土~12:00
【休日】 日曜・祝日
【予約】 可(03-3433-5550)
【住所】 東京都港区虎ノ門3-8-24
【アクセス】 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」より徒歩7分/東京メトロ日比谷線「神谷町駅」より徒歩6分
【参考URL】 https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13001513/

浅田家(あさだや)の豆大福

溜池山王の路地にひっそり佇む、創業100年を超える老舗和菓子屋さん「浅田家」。看板商品は、食べごたえしっかりの豆大福。弾力あるお餅もあんこもたっぷりで庶民的な味わいを楽しめます。他にもみたらし団子やおはぎやも人気だそう。

<豆大福(粒あん): 190円(税込)>

【営業時間】 9:00~20:00 (商品なくなり次第終了)
【休日】 土曜・日曜・祝日
【予約】 ー
【住所】 東京都港区赤坂2-10-4
【アクセス】 東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」10番、11番出口より徒歩2分
【参考URL】 https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13024135/

東京にあるおいしい、いちご大福のお店

翠江堂(すいこうどう)本店のいちご大福

隅田川のほとり、中央区新川にある創業80年の和菓子店「翠江堂 本店」。一番人気はもちろん、贅沢な大粒苺を使った、苺が完全メインのいちご大福。絶品の餡ととろけるようなうすーい餅との組み合わせも絶妙。季節によって1番美味しく、大きな苺を仕入れているそうです。

<いちご大福(こしあん): 216円(税込)>

【営業時間】 月~金 9:00~19:00 / 土~15:00
【休日】 日曜・祝日
【予約】 可(03-3551-5728)
【住所】 東京都中央区新川2-17-13
【アクセス】 JR/東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」B4出口より徒歩4分
【参考URL】 http://www.suikoudou.jp/

大角玉屋(おおすみたまや)本店のいちご豆大福

大正元年創業、曙橋に本店を構える「大角玉屋」。苺大福発祥のお店で、昭和60年に誕生の元祖いちご豆大福は、発売以来不動の人気を誇っています。甘酸っぱい苺と粒あんの甘さ、えんどう豆の塩気と、こだわりの素材で作られた「いちご豆大福」です。

<元祖いちご豆大福(粒あん): 249円(税込)>

【営業時間】 9:00~19:30
【休日】 無休
【予約】 ー
【住所】 東京都新宿区住吉町8-25
【アクセス】 都営新宿線「曙橋駅」より徒歩3分
【参考URL】 http://www.oosumi-tamaya.co.jp//

同じ大福でも、お店によって千差万別。こだわりやそれぞれの味わいが楽しめそう!
人気店が多いので、確実にゲットするには、事前予約をするか、午前中に訪問する方が良さそうですね。

今日もお茶で愉しい、一日を。

お茶と一緒に食べたい!【東京のおいしい どら焼き 6選】

2018.06.26

お茶と一緒に食べたい!【東京のおいしい 水ようかん 5選】

2018.07.02
スポンサーリンク