水出し緑茶はこれ!【HARIO ハリオ フィルターインボトル】使ってみた。

ハリオ(HARIO)の茶こし付きボトル『フィルターインボトル』を使ってみました。

水出し緑茶』は、暑い季節のお茶の楽しみ方の一つ。
緑茶の旨味や甘みがしっかり味わえて、カフェインも少なめ。免疫を元気にする『エピガロカテキン』もしっかり摂取できるので、最近は人気です。

急須やお茶のティーバッグでも『水出し茶』を簡単に淹れることができますが、急須より一度にたくさん作れて、ティーバッグより美味しい水出し茶を作ることができるのがハリオ(HARIO)の『フィルターインボトル』です。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥1,924 (2019/12/14 19:46:48時点 Amazon調べ-詳細)

シンプルな形状でお手入れも簡単

フィルターインボトルは、シリコンのフタとキャップ、茶こし(フィルター)、耐熱ガラス容器の4つでできているのでとてもシンプル。

茶こし(フィルター)が、フタの中に付けられるようになっています。茶こし(フィルター)の素材はポリプロピレン。

フィルターは回転させることで簡単に脱着できるようになっています。

キャップは引き抜くだけ取れて、はめるのも軽く押し込むだけ。形状も複雑ではないので洗うのも簡単です。

形状、容量も色々あるフィルターインボトル

使ってみたのは丸型の容量が750mlのタイプ、300mlタイプもあります。

ボトルの形状は、他にも角型、ワインボトル型、マイボトル型など豊富です。

『カークボトル』
冷蔵庫のドアポケットに格納しやすい角形タイプで1200mlの大容量。ボトル部はガラスではなく、PCT樹脂。

『フィルターインボトル・エーヌ』
ワインボトルのような形で容量800ml。食卓においたら、ちょっとオシャレ

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥1,921 (2019/12/14 19:46:49時点 Amazon調べ-詳細)

『フィルターインボトル・ポータブル』
PCT樹脂で耐熱性、衝撃強度があり、マイボトルとしても良さそうな容量400ml、

水出し緑茶を作ってみた。

フィルターインボトルで水出し緑茶を作ってみました。
作り方は簡単、シリコンのフタをはずして煎茶の茶葉をボトルに。

お水を注ぎます。早く冷やしたいなら氷を入れてもOK!
煎茶:ティースプーン2杯、水:500ml

美味しい水出し茶になる秘訣、茶葉が水の中でくるくる回ってジャンピングしています。
これはティーバッグではできない淹れ方。

フタをして冷蔵庫で冷やすだけ!
1時間〜6時間程度ゆっくり抽出しましょう。

水出し茶の出来上がり〜。

この濃厚な旨味と、甘みは手作り『水出し茶』ならでは〜。新緑香もとても爽やか。免疫を元気にするエピガロカテキンもたっぷりなので、疲れやすい夏にもぴったりです。

飲んでしまっても水を追加すれば、同じ茶葉で2回は美味しい水出し茶が味わえます。

茶葉の量と抽出時間は、深蒸し茶など葉の種類によっても変わるので、お好みで調整してください。短時間で抽出するなら茶葉は多めがおすすめ。

お茶は生ものなので、1日で飲みきれる量を作りましょう。
水出し茶は煎茶だけでなく、ほうじ茶、紅茶などでも愉しめます。

『ハリオ(HARIO)のフィルターインボトル』で淹れる水出し茶。
試してみては。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥1,924 (2019/12/14 19:46:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥1,820 (2019/12/14 19:46:49時点 Amazon調べ-詳細)

今日もお茶で素敵な一日を。

【水出し茶】暑い夏は朝から『水出し緑茶』を愉しもう!

2019.07.29

有機ほうじ茶でつくる。安心まろやか【水出しほうじ茶】

2016.07.17
スポンサーリンク