栄養価の高い茶殻で、簡単「おひたし」

茶葉には栄養素が豊富に含まれており、お湯を注いでお茶として抽出されるのは、
カテキンやビタミンC、カフェイン、アミノ酸などの水溶性の成分のみ。

普段何気なく捨ててしまっている茶殻、出がらしには食物繊維やビタミンA、ビタミンEなどの
脂溶性の成分が多く含まれたままでいます。

栄養価を大別すると水溶性成分が30%、脂溶性成分が70%含まれているのはご存知でした?
この脂溶性の栄養素を多く残したままの茶殻をなにげに捨ててしまってはもったい!

IMG_0539

茶殻を「おひたし」にしておいしく、脂溶性栄養価をいただく方法をご紹介します。

材料

・茶殻適宜(急須1杯分からでも・・・)
・つゆの素(少々)
・かつお節(ひとつまみ)
・すりごま(ひとつまみ)

作り方

・キッチンペーパーに茶殻を包んで、絞るだけです。

今回は新茶で二煎淹れた後の、茶殻を使ってみました。
新茶だからか、苦みや渋味が少なく、食べたときに口の中にお茶の甘みとさわやかさが残ります。

IMG_0549

お茶の種類や、一煎しか淹れてない茶殻か、あるいは二煎、三煎淹れたあとのいわゆる「でがらし」かで、
風味や味わい、食感が変わりますので、いろいろなアレンジを楽しむことができます。

おひたし」ですので、レシピというほどでもなくアレンジのバリエーションは多く、
つゆの素でなく、しょう油やポン酢におろし生姜でもさっぱりします。
すりごまがなければ、ピーナッツを砕いてトッピングしても風味がいいです。

茶葉の栄養成分を直接摂取する目的もありますが、せっかく食べるのですから美味しくいただきたいもの。
オリジナルにアレンジした「茶殻おひたし」をお試しください。

スポンサーリンク