セブンの抹茶祭り!【抹茶わらび& 白玉くりぃむぜんざい】食べてみた。

セブンイレブンの抹茶スイーツ『抹茶わらび&白玉くりぃむぜんざい』を食べてみました。
2018年3月13日発売、298円(税込)

3月6日から3週間連続で開催中のセブンイレブン『抹茶祭り』。毎週2品づつ計6品の抹茶スイーツを発売しています。
第二弾は、『抹茶わらび&白玉くりぃむぜんざい』と『濃いまっちゃもこ』。

コンビニ抹茶系スイーツ、あんみつ・和パフェは数あれど、抹茶のぜんざいは初登場ではないでしょうか。
さらに、白玉とあん&クリームのぜんざいは見かけますが、”わらび餅”と”抹茶”もプラスなんて・・・、和スイーツ好きにはたまらないラインナップです。

こちらも『丸久小山園』の抹茶が使用されています。

見た目が美しい! ボリュームたっぷりの抹茶ぜんざい

わらび餅の濃い抹茶色、クリームの淡い抹茶色、白玉の白色のグラデーションな色合いがシンプルながらも美しい〜。抹茶感たっぷりです。

たっぷりの抹茶クリームは、思いの外、抹茶のほろ苦さがあって、抹茶風味も自然な感じ。

グリーングラデーションの下にはつぶあんが敷き詰められています。つぶあんはちょっと固めです。

わらび餅自体は甘めで、なぜか黒蜜風味(黒蜜は入っていないのですが・・)を感じるのですが、周りにまぶしてある抹茶の苦みで程よい甘さに。白玉のもちもちは変わらぬ美味しさです。

素材それぞれもですが、一緒にいただくと、あんこのつぶつぶ感やクリームの柔らかいふわっと感、わらび餅のプルっもち感など食感の違いや、味わいのバランスをより楽しめそう。ボリュームがあるので食べ応えもある抹茶ぜんざいです。

『抹茶わらび&白玉くりぃむぜんざい』の原材料とカロリー

原材料:つぶあん、乳等を主原料とする食品、砂糖、クリーム(乳製品)、白玉粉、水飴、抹茶、糖類加工品、澱粉、わらび粉、寒天、加工澱粉、トレハロース、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、環状オリゴ糖、乳化剤、寒天、クチナシ色素、カラメル色素、酵素、甘味料(ステビア)、香料、(原材料の一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

香料、着色料は使用されています。
製造:十勝大福本舗

カロリー:306kcal
炭水化物:53.9g

セブンイレブンの『抹茶わらび&白玉くりぃむぜんざい<丸久小山園抹茶使用>
同日発売の『濃いまっちゃもこ』といっしょにチェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ)

2017.08.16
スポンサーリンク