おいしいお茶を買う方法。今年の【茶品評会】をチェックせよ!

おいしいお茶を探していると、たまにみかける「農林水産大臣賞受賞」というフレーズ。

毎年年一回、全国の都道府県で選抜され出店したお茶を対象に、8月頃に品評会がおこなわれています。
毎年開催地がかわり、昨年の第69回茶品評会の会場は静岡でした。

ということは品評会で上位に選ばれているお茶をチェックして上位のお茶生産者から購入すれば、その年のおいしいお茶を飲むことができるということです。

スクリーンショット 2016-07-23 11.29.16

品評会で審査される茶種は、

・普通煎茶10キロ
・普通煎茶4キロ
・深蒸し煎茶
・玉露
・てん茶(抹茶)
・蒸し製玉緑茶
・釜炒り茶

など7茶種です。

各茶種で1位になったものが「農林水産大臣賞受賞」となります。

第69回全国茶品評会審査結果:第69回お茶まつり
http://shizuoka-cha.com/69ocha-fes/gaiyou/gaiyou_index.html

各茶種の上位を見てみると、地域の傾向がありました。

各茶種の上位30位に多くみられる産地

・普通煎茶10kg:鹿児島南九州(知覧)
・普通煎茶4kg:静岡浜松市、静岡市
・深蒸し煎茶:静岡掛川市、牧之原市
・かぶせ茶:京都府舞鶴市、綾部市
・玉露:福岡県八女市
・てん茶(抹茶):京都府宇治市、城陽市
・蒸し製玉緑茶:佐賀県姫野市、宮城県児湯郡
・釜炒り茶:宮崎県臼杵郡、佐賀県姫野市

普通煎茶4kgの部門の1位は

丸芝製茶協同組合
http://marushiba-tea.jp/

深蒸し煎茶部門の1位は

にしなた株式会社
http://nishitana.jp/index.html

上位の生産者でもホームページを掲載していないところもありますが、取り扱っている販売店があるので探せばインターネットでも購入できそうです。

今年、平成28年(2016年)の開催は三重県の鈴鹿
毎年、品評会の結果をチェックして上位のお茶生産者のお茶を頂いてみるのも、おいしくお茶を楽しむ方法のひとつです。

スクリーンショット 2016-07-23 11.44.58

8月の品評会の後、お茶の魅力の発信をコンセプトに11月に「お茶まつり」も開催されています。

スポンサーリンク