セブンの抹茶祭り!【ふわっとろ 濃い宇治抹茶わらび】食べてみた。丸久小山園の抹茶使用!

セブンイレブンの抹茶スイーツ『ふわっとろ 濃い宇治抹茶わらび(黒蜜入り)』を食べてみました。
2018年3月6日(火)発売、120円(税込)

セブンイレブンでは3月6日から3週間連続で、2品づつ計6品の抹茶スイーツを発売する怒濤の『抹茶祭り』を開催中。
第一弾は、『ふわっとろ濃い宇治抹茶わらび』と『宇治抹茶クリームパイ』。

今回は抹茶に宇治の老舗お茶メーカー『丸久小山園』の抹茶を使用していること。

『ふわっとろ宇治抹茶わらび』は、昨年の抹茶祭りでも発売された商品で、その後も「ふわっとろほうじ茶」や「ふわっとろ抹茶ティラミス」などシリーズ化されている人気スイーツです。

何気に『ふわっとろ』が商品名から消えてますが、『濃い』宇治抹茶になってます。

スポンサードリンク

抹茶1.2倍に増量で価格は昨年と同じ

抹茶も1.2倍に増量されていて、しっかりグレードアップ感がでてます。
でも価格は昨年と同じ120円なので、どこでコストを削ったのかちょっと気になりますが・・・。

見た目は相変わらずの存在感とふてぶてしさ・・・。

でも、抹茶のいい香りです。

しっかりした抹茶の苦みに、コクのある抹茶クリームと甘みのあるわらび餅、ほどよい黒蜜の風味と食感。食べ比べができないので、1.2倍の抹茶感はわかりませんが、この抹茶スイーツのおいしさは相変わらずですね〜。

食べにくさも相変わらずですが・・・。

原材料、カロリー

原材料:砂糖、乳等を主原材料とする食品、クリーム(乳製品)、水飴、抹茶、糖類加工品、澱粉、わらび粉、寒天、加工澱粉、トレハロース、糊料(加工でんぷん・増粘多糖類・CMC)、環状オリゴ糖、クチナシ色素、乳化剤、カラメル色素、寒天、甘味料(ステビア)、香料、(原材料の一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

香料は使用されています。

カロリー:131kcal
炭水化物:23.2g

製造:十勝大福本舗

セブンイレブンの『濃い宇治抹茶わらび 黒糖入り<丸久小山園抹茶使用>』
同日発売の『宇治抹茶クリームパイ』といっしょにチェックしてみては。

今日もお茶で愉しい、一日を。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)

2017.08.16
スポンサーリンク