午後は売り切れ必至!スターバックス【抹茶プリン】食べてみた。

スターバックスの『抹茶プリン』を食べてみました。
2017年4月1日新発売。320円(税抜)

スターバックスのオリジナルプリンは、2016年11月に『ミルクカスタードプリン』と『チョコレートプリン』がすでに発売されていますが、すぐに売り切れてしまうという話題の商品。

抹茶プリン』の発売日。早速スタバにいってみましたが、土曜日ということもあってか12時の時点ですでに売り切れ・・・

翌日、10時半ごろに行ってみると、今度はありました・・・『抹茶プリン』!
でも、残りあと2つ! はやっ

1店舗の1日分の販売数が少ないようで、これだとすぐに売り切れますよね。

『抹茶プリン』と、カスタードプリンはすでに売りきれていたので『チョコレートプリン』もいっしょに購入。

さすがスターバックスだけあって、パッケージデザインは写真映えしますね。

スポンサードリンク

上品な抹茶が味わえる『抹茶プリン』

抹茶プリン 320円(税抜)

抹茶らしいグリーンのカップ、大きさは小さめ。

香りは、濃いミルクの香りです。

抹茶プリン』の原材料は、
乳製品(クリーム、全粉乳、脱脂粉乳)、卵、砂糖、抹茶ソース(砂糖、水飴、緑茶エキス、抹茶)、植物油脂、抹茶、ゼラチン、セルロース、乳化剤、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、着色料(クチナシ、紅花黄)、ゲル化剤(グァーガム)、pH調整剤。

着色料は使用されています。

カロリーは164kcal(1カップ)

さっそく食べてみると、
クリームの風味とコクのあとに、自然な抹茶の風味とほろ苦さが少し。
濃厚な抹茶感はありませんが、クリームが強すぎることもなく、上品な抹茶といった感じです。

底にはキャラメルの代わりに抹茶ソースが敷いてあります。
抹茶ソースに苦みを効かせているのかと思いきや、苦みはあまりない甘味の強い抹茶ソース・・・。でもこれがいいアクセントになっています。

濃厚さもコクもありますが、甘さは控えめなので、さっぱりと食べれる抹茶プリンです。
スタバのスイーツには、こってり甘い〜というイメージがありましたが、このプリンはちょっとちがう系統のようです。

濃厚だけど品のある『チョコレートプリン』

チョコレートプリン 320円(税抜)

この時期、カップも春らしく桜をモチーフにしたデザインになっています。

カップが桜色なので、プリンも少し桜色がかっているように見えますね。

チョコレートプリン』の原材料は、
チョコレート、卵、乳製品(クリーム、全粉乳)、砂糖、チョコソース(砂糖、水飴、ココアパウダー、カカオマス、寒天)、洋酒、
植物油脂、ゼラチン、食塩、乳化剤、香料、pH調整剤、増粘多糖類。

香料は使用されています。

カロリーは、196kcal(1カップ)

食べてみると、
とても濃厚ななめらかプリン。濃厚さは抹茶プリンよりも感じます。
チョコの風味がとてもしっかり。

底に敷いてあるチョコレートソースは、ちょっとビターでいいアクセントになっています。
濃厚でコクもありますが、抹茶プリン同様に甘さは控えめなので品のよさを感じるチョコレートプリンですね。

スターバックスのオリジナル『抹茶プリン』『チョコレートプリン』。
午後は売り切れ必至なので、午前中にどうぞ

今日もお茶で素敵な一日を。

抹茶プリン:スターバック
http://www.starbucks.co.jp/food/package/4524785318182/?category=food

スポンサーリンク