セブンのほうじ茶スイーツ『ほうじ茶の生ガトーショコラ』食べてみた。

セブンイレブンの『ほうじ茶の生ガトーショコラ』食べてみました。
2017年8月29日発売 180円(税込)。

セブンイレブンの生ガトーショコラといえば、6月末に『宇治抹茶の生ガトーショコラ』が発売されています。抹茶とチョコ両方楽しめるしっとりとしたスイーツでした。今回の「ほうじ茶の生ガトーショコラ」はそのほうじ茶版です。

セブン抹茶スイーツ『宇治抹茶の生ガトーショコラ』食べてみた。

2017.06.28

『ふわっとろ くりぃむわらび』もそうでしたが、『抹茶』のあとに『ほうじ茶』を展開してくるという最近のセブンの作戦。お茶好きとしてはまんまと引っかかって、今回の「ほうじ茶の生ガトーショコラ」も食べずにはいられませんよ〜!

ほうじ茶わらびも美味!セブン『ふわっとろ ほうじ茶くりぃむわらび(黒蜜入り)』食べてみた。

2017.06.21

セブンイレブンが抹茶祭り!『ふわっとろ 宇治抹茶わらび』食べてみた。

2017.03.08
スポンサードリンク

ほろにがほうじ茶を味わえる大人なお茶スイーツ

「宇治抹茶の生ガトーショコラ」同様に、手を汚すことなくそのまま食べられるようになっています。外でも食べやすくていいですね。

香りは、やっぱりチョコレートが強めですが、ほうじ茶の香りもほのかに感じます。

上がほうじ茶入りのチョコクリーム、その下にほうじ茶とホワイトチョコのケーキ生地が重なっている2層仕立て。ガトーショコラ生地はしっとりな雰囲気です。

このままパクッといきたいところですが、全体像も見たいので、今回はお皿に出すことに。

チョコクリームは、ほうじ茶感は強くありませんが、後味の苦味がほうじ茶なのかも。ケーキ生地はほうじ茶風味が香りとともにしっかり感じられます。
一緒にいただくと、ほうじ茶のほろ苦さがふんわりと口に広がって美味しいです。

上のチョコクリームはねっとり、下のケーキ生地は見た目どおりのしっとりな口当たり。甘さ控えめで、ほろにがほうじ茶を味わえる大人な味わいです。

「ほうじ茶の生ガトーショコラ」の原材料とカロリー

原材料:チョコレート、卵、牛乳、クリーム(乳製品)、砂糖、小麦粉、マルトオリゴ糖シロップ、ほうじ茶、バター、植物油脂、水あめ、寒天、乳化剤、香料、増粘剤(キサンタン)、pH調整剤、(原材料の一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)

香料は使用されています。
製造:シェフォーレ

カロリー:189kcal
炭水化物:19.2g

セブンイレブンの『ほうじ茶の生ガトーショコラ
甘すぎず、大人なホロにがほうじ茶スイーツを試してみては。

同日にローソン、ファミリーマートからも『ほうじ茶のスイーツ』が発売されているので食べ比べしてみては。

今日もお茶で素敵な一日を。

ローソンのほうじ茶スイーツ『加賀棒茶のほうじ茶プリン』食べてみた。

2017.08.30

ファミマのほうじ茶スイーツ『お芋とほうじ茶の和ぱふぇ』食べてみた

2017.08.31
スポンサーリンク