ローソン抹茶スイーツ『能登大納言と抹茶のチーズタルト』【ウチカフェ】食べてみた。

ローソンの『能登大納言と抹茶のチーズタルト』を食べてみました。
2018年4月3日発売。195円(税込)

ローソンオリジナルデザート「ウチカフェ(UchiCaféSWEETS)」の新商品。
昨年の同日にも、同じ商品『能登大納言と抹茶のチーズタルト』が発売されています。価格は同じ。

辻利一本店の宇治抹茶使用で、製造は花畑牧場なのも変わらずです。
袋から取り出してみると、見た目は、昨年とまったく同じですが、上にのっている「能登大納言」が昨年より多めな印象。個体差かもしれませんが・・・。

中身を割ってみると、中の大納言の粒は今回の方が少ない印象。

スポンサードリンク

原材料、カロリー

原材料を見てみると、今回は、昨年にはない香料、着色料、乳化剤が使用されているようです。

カロリー:187kcal
糖質:18.8g
カロリー、糖質は昨年より、7%程度少なくなっています。

しっとりタルト生地、ほろにが抹茶チーズ

食べた印象も昨年と変わらずで、しっとりタルト生地に、抹茶のチーズクリームはほろ苦で、能登大納言小豆の風味と甘さがアクセントになっています。
甘さも控えめで、サイズ感もちょっと甘いものが食べたいときに丁度いいサイズです。

ローソンの『能登大納言と抹茶のチーズタルト』
チェックしてみては。

コンビニの抹茶(お茶)スイーツ2018年!(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)

2017.08.16

【2017年4月発売】ローソン『能登大納言と抹茶のチーズタルト』

期間限定!ローソンの『能登大納言と抹茶のチーズタルト』を食べてみました。
2017年4月3日発売。195円(税込)

ローソンの抹茶スイーツではおなじみの「辻利一本店」の宇治抹茶を使用しています。今までの辻利一本店の抹茶使用のスイーツの印象から、抹茶風味感じられそう…ちょっと期待しちゃいます。

関連記事:ローソン『あん&抹茶ホイップの和風パイシュー』【ウチカフェ】食べてみた。

製造は、生キャラメルで有名な北海道の「花畑牧場」。花畑牧場とのコラボで大人気の「ウチカフェ(UchiCaféSWEETS)」のタルトシリーズ。この『能登大納言と抹茶のチーズタルト』が5品目のようです。花畑牧場のマスカルポーネチーズを使用。

能登大納言と抹茶のチーズタルト』の原材料は、
小麦粉、生クリーム、甘納豆(大納言小豆、砂糖、還元麦芽糖水あめ)、砂糖(グラニュー糖、黒糖、三温糖)、マーガリン、生乳、加糖卵黄(卵黄、砂糖)、黒糖蜜(黒糖、原料糖、水あめ)、卵、卵白、小麦でん粉、種実加工品(アーモンドプードル)、ナチュラルチーズ、洋酒、抹茶、ゼラチン、食塩、乳たん白

香料着色料は使われていないようです。

カロリーは、1個199kcal。

抹茶のほろ苦さと能登大納言の甘さが上品な和テイストなチーズタルト

袋から取り出すと、見た目はシンプル。薄めのタルト生地の中に、抹茶色のクリーム(?)と大きな小豆が2つ。この小豆は「能登の宝石」とも呼ばれる大粒の能登大納言だそうです。
抹茶の香りは、しません・・・

中にも能登大納言の甘納豆が・・・。

抹茶の風味もほろ苦さもあって、大納言小豆の優しい甘さも効いています。
タルト生地はしっとり。クリーム部分はなめらかで、抹茶風味が広がります。いわゆるチーズ風味はないのですが、クセがなく、コクがあるマスカルポーネチーズが使われているので、よりまろやかで深い味わいになっているのかも。

タルト生地は、もうちょっとサクッとした歯ごたえが好みですが、抹茶風味も楽しめ、全体的に上品な和洋スイーツに仕上がっているので、飽きずに美味しくいただけました。

期間限定!ローソンの『能登大納言と抹茶のチーズタルト』。
ローソンからも、続々と抹茶スイーツが登場するみたいなので、お早めにどうぞ。

今日もお茶で楽しい一日を。

UCHI cafe(ウチカフェ):ローソン
http://www.lawson.co.jp/recommend/uchicafe/sweets/0817.html

スポンサーリンク