緑の小枝!【期間限定】森永の小枝「抹茶みるく」食べてみた。

森永の期間限定「小枝 抹茶みるく」を食べてみました。

森永製菓の「小枝」は、1971年発売のロングセラー商品。
チョコとアーモンドのサクサクした味わいは昔から変わらずおいしいチョコ菓子です。

「小枝 抹茶みるく」は、期間限定販売
過去に抹茶フレーバーの小枝は6商品販売されているので、今回で7商品目です。

re_170213_302

2017年は宇治抹茶をホワイトチョコレートに練り込んだ抹茶ミルク味。

re_170213_303 re_170213_304

小枝「抹茶みるく」の原材料は、
砂糖、植物油脂、乳糖、デキストリン、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、ホエイパウダー、小麦パフ、米パフ、コーンフレーク、抹茶、バターオイル、緑茶エキス/乳化剤(大豆由来)、香料、ベニバナ黄色素、膨脹剤、クチナシ青色素、カラメル色素

香料、着色料は使用されています。

re_170213_306

カロリーは、31Kcal(1袋4本)

re_170213_305

抹茶の風味もミルクもしっかりした小枝

小枝の箱を開けて銀のフィルムをはがした時に、中に小枝がたくさん並んでいるのを見るとワクワクしたものですが、最近では、小枝も小袋入りです。

4本入りの小袋が11袋

re_170213_309

4本入りの小袋が11袋

re_170213_308

新鮮でもあり、違和感もあるみどり色の小枝

小袋を開けると抹茶の香りがします。ちょっと香料的抹茶

食べてみると、かなり抹茶感があります。
苦みも少しありますが、「抹茶みるく」だけにミルクも甘味も強めです。

re_170213_307

小枝のポツポツとサクサクはナッツと思っていたら、原材料にはアーモンドもナッツらしきものも含まれていない・・・。小麦パフ、米パフ、コーンフレークなんですね。

ちょっと、強めの抹茶の風味が人工的な感じがして気になりましたが、小枝ならではのサクサク感は健在で楽しめます。

久しぶりに食べてみた小枝。
小枝ってこんなに小さかったのね・・・。

森永製菓の期間限定の小枝「抹茶みるく」。
チェックしてみては?

今日もお茶で楽しい一日を。

▼Amazon / 楽天

小枝:森永製菓
http://www.morinaga.co.jp/koeda/index.html

スポンサーリンク