ライザップ監修の抹茶?!ファミマ【抹茶シュークリームと抹茶プリン】食べてみた。

ファミリーマート限定で販売されているライザップ監修の『抹茶シュークーム』と『抹茶プリン』を食べてみました。

RIZAP(ライザップ)というと、ビフォア、アフターで別人のようにシェイプアップされるCMがおもしろいトレーニングジム。そのライザップと抹茶? まったく結びつきませんね・・・

ファミマ、サークルKサンクスでは2016年11月より、ライザップ監修による糖質をコントロールした商品を展開しています。弁当や、パン、スイーツなどその種類は豊富。

ブラックにゴールドで「RIZAP」と入ったパッケージが目印。たしかに「RIZAP」のロゴを見るとCMの映像を思い出すので、食べるだけで、自分もあんなボディになれるような勘違いをしそうです・・・・

RIZAP(ライザップ)シリーズの「抹茶シュークリーム」と「抹茶プリン」は2017年3月28日に発売。糖質のコントロールだけなく、「おいしさにもコミット」しているらしいので楽しみです。

スポンサードリンク

『ライザップ 抹茶シュークリーム』、抹茶の風味と苦みあり。

抹茶シュークリーム 158円(税込)

糖質:7.5g、といってもピントこない・・・
ちなみに、セブンで発売中の『宇治抹茶クリームのまっちゃもこ』の炭水化物(糖質+食物繊維)は、20.8g。
半分程度でしょうか。

関連記事:抹茶しっかり!セブン【宇治抹茶クリームのまっちゃもこ】を食べてみた。

カロリーは、132kcal
セブンで発売中の『宇治抹茶クリームのまっちゃもこ』のカロリーは241kcal。
こちらも半分程度。

抹茶シュークリーム』の原材料は、
牛乳、エリスリトール、鶏卵、小麦粉、クリーム、バター、植物油脂、抹茶、グラニュー糖、食塩、加工でんぷん、増粘多糖類、グリシン、膨張剤

香料、着色料は未使用です。
エリスリトールは、果物や発酵食品に含まれる人工甘味料。

抹茶は宇治抹茶使用(100%宇治抹茶かの記載はなし)

シュー生地の香ばしい、いい香り。

食べてみると抹茶の風味と、ほのかな苦みがある抹茶のクリーム。甘みは自然、甘さも控えめですが物足りない感じはありません。
「宇治抹茶」と表記してあるだけあって、ちゃんと抹茶感を味わえるシュークリームです。

『ライザップ 抹茶プリン』、抹茶もダイエットか。

抹茶プリン 170円(税込)

糖質:8.1g
同量の抹茶プリンより42%の糖質がカットされているようです。

カロリーは、199kcal
ちなみに、セブンの『豆乳抹茶ぷりん』のカロリーは、153kcal。

関連記事:抹茶しっかり!セブン【豆乳抹茶プリン】を食べてみた。

抹茶プリン』の原材料は、
植物油脂、乳製品、卵、乳等と主原料とする食品、エリスリトール、メープルシュガー、抹茶、ゼラチン、洋酒、香料、クチナシ色素、Ph調整剤

香料、着色料は使用されています。

香りに、抹茶の香りはありません。

食べてみると、食感はとてもなめらか。
味はちょっと独特な風味。抹茶の風味と苦みはほとんどない感じです。最近は、しっかり抹茶が味わえるプリンが沢山あるので、これだと抹茶好きにはちょっと物足りないかも。

抹茶もダイエットしてしまったのか・・・・

RIZAP(ライザップ)の『抹茶シュークリーム』と『抹茶プリン』。
これでスーパーボディになれるかはさておき、日本のスーパーフードでもある抹茶を食することは、カラダにいいということは間違いありませんね。

ファミリーマート、サークルKサンクス限定の商品なので、チェックしてみては。

今日もお茶で楽しい一日を。

ファミマでライザップ
http://www.family.co.jp/campaign/spot/rizap.html

スポンサーリンク