『加賀棒茶 丸八製茶場』が品川駅ナカに関東初出店!丸八ティーサロでほっと一息してみた。

品川駅構内「エキュート品川」にオープンした、ティースタンド『丸八ティーサロ!』に行ってきました。
2017年7月20日、加賀棒茶で有名な丸八製茶場の関東初出店です。

スポンサードリンク

加賀棒茶の丸八製茶場

石川県で普段のお茶といえば番茶(ほうじ茶)、とくに加賀地方で広く飲まれているのが「棒茶」です。茶葉を強火で香ばしく焙じるほうじ茶と違って、棒茶は、茶の茎だけを浅く焙じたお茶のことです。

その加賀棒茶で有名なのが、文久3年(1863年)創業の丸八製茶場
こちらの『献上加賀棒茶』は昭和天皇が晩年好まれたお茶としても知られています。日本茶としてもっとも価値の高い一番摘みの上質の茎を使用して、香ばしく甘みがありすっきりとした味わいです。焙じた茎は柔らかく香ばしくてそのまま食べてもおいしいぐらいです。

エキナカで伝統の『加賀棒茶』が気軽に楽しめます

その丸八製茶場の関東初出店店舗が、品川エキナカの『丸八ティーサロ!』。
お茶のおいしさ楽しさを伝えたい思いが、加賀から金沢、富山へ、そして東京へ路がつながって、日常使いのティースタンドになりました。

和テイスト溢れる白木造りの清潔感ある店構えです。お店の右側には、その場で座って飲めるカウンター席が2、3席あります。

メニューは、ホット、アイスのお茶が5種類。夏の期間限定(〜8/20)は「つゆひかりのほうじ茶」のアイス(350円)です。

注文すると、こちらの丸テーブルから、商品をいただけます。

電車の乗り継ぎの合間に、冷たい加賀棒茶ですっきり!

今回は、看板商品の「献上加賀棒茶」のアイスをいただいてみました。

ホットで飲むよりも甘みが感じられるような、そして後味はすっきりの上品な味わいです。アイスは、水出しで3時間くらいかけてじっくり抽出しているそうですよ。

NEW OPEN記念のノベルティ「丸八ティーサロ!の付箋紙(写真左)」いただきました。数量限定のこと、ちょっと嬉しいです。
リーフレットと、ショップカードにはお店の想いが語られています。

店頭では、店員さんが味の紹介用のお茶(アイス)を配ってました。嬉しいサービスですね。

定番!献上加賀棒茶の茶葉をはじめ、素敵なパッケージの茶葉やティーバックなども購入できます。ちょっとしたギフトにもおすすめです。

加賀棒茶の丸八製茶場の品川店『丸八ティーサロ!』。
美味しいお茶で癒されます。エキナカなので、電車の乗り継ぎの合間や、ちょっと一息入れたいときに利用してみてはいかがでしょうか。

今日もお茶で素敵な一日を。

加賀棒茶の丸八製茶場
http://www.kagaboucha.co.jp/

スポンサーリンク