濃厚!コーヒー牛乳を生んだ守山乳業【抹茶オレ】2018年 飲んでみた。

守山乳業の『抹茶オレ』。セブンイレブンやヨーカドーで販売されているチルド飲料商品。
2018年5月発売

製造の「守山乳業」は、「コーヒー牛乳」をはじめて作ったという乳業メーカー。
100年近くつづく神奈川県平塚に本社のある乳業メーカーのパイオニアです。

『抹茶オレ』は、2017年から発売されていて、北海道の生クリームを使用した濃い抹茶の風味とコクが味わえる商品。
今回、パッケージが新しくなったようです。

発売当初は、シンプルな白いパッケージでした。個人的には白いパッケージが斬新で目を引いたので好きだったのですが、段々とグリーン系に刷新。

▼発売当初

▼次パッケージ

▼新パッケージ

スポンサードリンク

カロリー、乳脂肪分がダイエット

原材料の記載内容は、変わっていないようで、香料も不使用です。

無脂乳固形:5.0%、乳脂肪分:1.5%の乳飲料。ですが、
発売当初は無脂乳固形:6.5%、乳脂肪分:2.4%だったので、乳脂肪分などは40%減されているようです。

カロリーも167kcalから139kcalにダイエットされています。

飲んでみた感じは、抹茶の風味もしっかりで、ミルク感もコクがあり濃厚。以前より薄くなったという印象は受けませんでした。

守山乳業の『抹茶オレ』。
チェックしてみては。

【2017年2月購入時】守山乳業の『抹茶オレ』

守山乳業の『抹茶オレ』を飲んでみました。
2017年2月発売

パッケージには、見えるか見えないかの文字で「宇治抹茶使用、北海道生クリーム仕立て」。

re_170203_111

守山乳業「抹茶オレ」の原材料は、
乳製品、砂糖、抹茶、デキストリン、食塩、pH調整剤、安定剤(セルロース、キサンタンガム)、乳化剤、ビタミンC。

比較的シンプル。
香料、着色料は不使用です。

無脂乳固形:6.5%、乳脂肪分:2.4%の乳飲料。
スターバックスの抹茶ラテ(チルド)の乳成分よりは軽めですが、近い濃厚さが期待できそうです。

スターバックスの抹茶ラテの乳成分(チルド)は、
無脂乳固形分:7.1 %、乳脂肪分:3.1%

re_170202_601

カロリーは、167Kcal(1本:200g)
カロリーもスターバックスより軽め。

スターバックスの抹茶ラテ(チルド)は、182cal(1本:200ml)

re_170203_113

濃厚で抹茶もしっかり楽しめる

香りは、ミルクの香りが強め。

カフェオレは、ラテより薄い印象がありますが、生クリーム仕立てとなっているだけあって飲んでみると、この抹茶オレはとても濃厚です。
でも、甘さは控えめなので飲みやすい。

抹茶の風味、苦みもしっかり楽しめて、とてもバランスのいい「抹茶オレ」といった感じです。

あまり知られていないブランドだけに、スルーされてしまいそうですが、一度飲めば、またリピートしたくなる抹茶飲料ですね。

re_170203_114

コーヒー牛乳を生んだ歴史のある乳業メーカー、守山乳業の「抹茶オレ」
チェックしてみてはいかがでしょうか。

re_170203_115

今日もお茶で楽しい一日を。

守山乳業
http://www.fujimilk.co.jp/

スポンサーリンク