ビタミンCも入ってないぞ!伊藤園「無添加 ルイボスティー」飲んでみた。

伊藤園から「無添加LIFE ルイボスティー」が新発売されたので飲んでみました。

ルイボスティーは、南アフリアの特定の場所に自生する植物の葉を乾燥させてお茶にしたもの。
ヨーロッパでは紅茶の一つとして飲まれています。

緑茶同様にポリフェノールが含まれているのでカラダにも、とてもいいとされるお茶です。

ペット茶なのに「ビタミンC」も入っていない

無添加LIFE ルイボスティー」。
無添加」という言葉がとても気になります。

re_141206_106

いったい何が無添加なのかというと、

香料、着色料、保存料

の3つが無添加。

re_141206_107

原材料をみてみるとパッケージの原材料名は、

ルイボス」のみです。

かなりシンプル〜。

酸化防止としてペット茶には必ず添加されているはずの「ビタミンC」さえも入っていません。

re_141206_105

ちなみに、伊藤園にはすでに「ヘルシールイボスティー」という商品があります。

その原材料をみてみると、
ルイボス
レモンマトール
ビタミンC

着色料は入っていませんが、香料のレモンマトール、酸化防止のビタミンCははいっています。

ファイル_000 (5) ファイル_000 (6)

関連記事:ポリフェノールがすごい?伊藤園のルイボスティーを飲んでみた。

「ヘルシールイボスティー」と比べると、「無添加ルイボスティー」は、香料、酸化防止剤(ビタミンC)が無添加ということになりますね。

ちなみに、今時のペットボトル茶で保存料が使用されているものを見たことがないので、

「着色料、香料、保存料」無添加というより、
「着色料、香料、酸化防止剤(ビタミンC)」無添加の方がわかりやすいのかも。

たしかに「保存料」というワードの方がインパクトはあるんですけど・・・。

いずれにしても「無添加」であるということはシンプルでとてもうれしいことです。

グリーンルイボスをブレンド

もう一つの特長は、グリーンルイボスをブレンドしていること。

ルイボスティーは、発酵したもの、させたものを乾燥させるのが一般的ですが、「グリーンルイボス」は、摘み取ったルイボスが発酵する前に乾燥せたものです。お茶なら、紅茶がルイボス、緑茶がグリーンルイボスのような感じ。

「無添加ルイボスティー」は、グリーンルイボスをブレンドすることで「清涼感とさっぱりした風味」をだしているようです。

グリーンルイボスだけのペット茶は無印良品で商品化されています。
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315557967

re_141206_101

そして、ルイボスティーなので、妊娠している方でもカフェイン摂取の心配のないカフェインゼロ(ノンカフェイン)

re_141206_104

清涼感があってさっぱり飲みやすい

飲んでみると、ルイボスの独特な風味に少しメンソールのような清涼感。
緑茶のような甘みはなく「硬い」という感じなのですが、たしかに無添加だね〜。と思えるシンプルさがあってさっぱりと飲めるお茶です。

油物を食べた後や、気分転換をしたいときにもおすすめです。

re_141206_103

飲むたびに目に入るパッケージの「無添加」というワードが、カラダにやさしいお茶〜。と自分にあんじをかけてくれそうな「無添加ルイボスティー」、チェックしてみてはいかがでしょうか。

re_141206_102

今日もお茶で素敵な一日を。

▼amazon/楽天

関連記事:ポリフェノールがすごい?伊藤園のルイボスティーを飲んでみた。

無添加ルイボスティー:伊藤園
http://www.itoen.co.jp/rooibos/

スポンサーリンク