八行とうもろこし使用!北海道限定『北海道とうきび茶』伊藤園 飲んでみた。

伊藤園の『北海道とうきび茶』を飲んでみました。
2017年7月23日から北海道限定で販売されている商品のようですが、都内の駅コンビニ「NewDays」で見つけたので購入。

商品名は「とうきび茶」ですが、とうもろこしの他に、玄米、黒豆、小豆の4素材を使用しているブレンド茶です。4素材はすべて北海道産。

水も北海道の水を使用しているようです。北海道限定販売だけにすべて「北海道のもの」でできているペット茶ということですね。
北海道の名水というと名水百選にも選ばれている大雪山の天然水が知られていますが、特にそのような特記はありません。

とうきび茶(とうもろこし茶)は、食物繊維やカリウムが多く含まれることから、便秘やむくみにもいいとされています。ノンカフェイン(カフェインゼロ)なのも特徴。
『北海道とうきび茶』には3素材(玄米、黒豆、小豆)が入っていますがカフェインゼロは変わらずです。

とうもろこしの原材料には、札幌黄八行(さっぽろきはちぎょう)という、北海道でもなかなかお目にかかれない稀少なとうもろこしがブレンドされています。

八行とうもろこしは、香りがとてもよく、北海道開拓期から多く植えられた品種。細長く、コーンが8列(断面でみると粒が8つ)になっているのが特徴です。

「北海道とうきび茶」の香りと味

香りはとうもろこしの香ばしく甘い香り一色。原材料に香料は使用されていますが自然な香りです。

飲んでみると、とうもろこしの風味も甘さもしっかりしていますが、強すぎずやさしい感じ。
ほのかに黒豆の甘さや、玄米の味もするのでブレンド感もあるとうきび茶です。

ちょっとホッとしたい時におすすめ。
しかし、この香り、リアルに焼きとうもろこしが食べたくなってしようがない・・・。

原材料とカロリー、カフェイン

原材料に香料は使用されています。

<原材料>
とうもろこし(北海道)、玄米(北海道)、黒豆(大豆)(北海道)、小豆(北海道)、ビタミンC、香料

カロリー:0kcal
カフェイン:0mg

伊藤園の『北海道とうきび茶』。
北海道限定ですが、都内NewDaysで見かけたら試してみては。

今日もお茶で楽しい一日を。

ティーバッグの『コーン茶(とうもろこし茶)』を飲んでみた。<無印良品、チョンジョンウォン大象>

2017.07.08

とうもろしの香りすごっ!【やすらぎ気分のコーン茶】ポッカサッポロ飲んでみた。

2017.06.30

北海道とうきび茶:伊藤園
https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=22849

スポンサーリンク