食べる価値あり!ハーゲンダッツの【抹茶のオペラ】を食べてみた。

ハーゲンダッツから発売されたSpecialite(スペシャリテ)『抹茶のオペラ』を食べてみました。
2017年11月21日新発売。416円(税抜)。<コンビニ限定発売

Spécialité(スペシャリテ)シリーズは、厳選された素材で、多彩な味わいや心が躍るような見た目が楽しめる、今冬限定の至福の創作アイスクリームデザート。

『抹茶のオペラ』は、昨年11月販売された「ピスタチオ ベリー」に続く1年ぶりの第2弾の新商品。
さすがスペシャリテ!パッケージもゴージャスでキラキラと高級感たっぷりです。そして価格も416円とかなりゴージャス。

スポンサードリンク

オペラとは

オペラとは、フランス発祥のチョコレートケーキのこと。
シロップをしみ込ませたビスキュイ・ジョコンドという専用生地の間に、ガナッシュ(生クリームを練り上げたチョコレート)、コーヒー風味のバタークリームを重ね、周りをチョコレートで覆い、上に金箔が飾られたチョコレートケーキ。

名前の由来は諸説あるようですが、共通しているのは、パリのオペラ座こと”オペラ・ガルニエ”に由来しているということ。

コクがある濃厚な生地とクリーム・ガナッシュが奏でる濃厚なハーモニーや光り輝く金箔が、華やかで優雅なパリを想像させる代表的なお菓子です。

『抹茶のオペラ』の原材料とカロリー

原材料:クリーム、脱脂濃縮乳、チョコレートシロップ、砂糖、アーモンドソース、チョコレート(ブロンドチョコレート)、アーモンドクッキー、卵黄、まっ茶、ココアバター、洋酒/安定剤(ペクチン)、植物レシチン、香料、着色料(金箔)、(一部に乳成分・卵・小麦・大豆を含む)

香料、着色料(金箔部分)は使用されています。

種別:アイスクリーム(無脂乳固形分7.5%、乳脂肪分10.0%)
カロリー:275kcal
炭水化物:28.8g

贅沢感たっぷり! 美味しさ、絶妙なバランス

フタを開けると・・・
おー! 全面、濃いい〜チョコレート色。

つやつや感たっぷりのチョコレートクリームに、金粉がちりばめられています。香りもチョコレート一色です。

スプーンですくってみると、綺麗な層に分かれています。
抹茶アイスとブロンドチョコレートアイスの間に、アーモンドソースとアーモンドクッキーがサンドされています。
その上に全体を覆うように、たっぷりのビターチョコレートソースがトロッと美味しそうです。

さっそく、一口。

こ、こりゃ・・・。
濃厚なチョコレート、抹茶のほろ苦さ、香ばしいアーモンド、そして食感。
これはおいしいぞ〜。

最初はビターなチョコソースがガツンと主張してきます。
そして、抹茶アイスとブロンズチョコアイスのコクのあるまろやかな甘さに、香ばしいアーモンド風味と食感がアクセントになって、絶妙なハーモニーです。

主役の抹茶アイスだけを味わってみると、ちゃんと抹茶のほろ苦さと風味がしっかり。さすが、ハーゲンダッツの抹茶アイス!という感じ。

下層のブロンドチョコレートアイスクリームは、キャラメルっぽい香ばしい風味とコクのあるまろやかな甘さが優しい味わいです。
アーモンドソースとクッキーの香ばしさザクザクとした食感も楽しいです。

ブロンドチョコレートとは、ミルク・ブラック・ホワイトチョコレートに次ぐ”第4のチョコレート”と呼ばれていて、マイルドな甘さとほのかな塩気を感じるキャラメルとビスケットを合わせたような香ばしさが特長のチョコ。

それぞれの層ごとでも十分に美味しいのですが、何より4層一緒に食べたときのハーモニー感は、やはりスペシャリテ!

お茶好きとしては、若干、抹茶の味は控えめ・・・という印象もありますが、それを上回る、高級ケーキをいただいているような満足感が得られる抹茶のアイスでした。

ハーゲンダッツの『抹茶のオペラ』。
ちょっと高めですが、食べる価値ありです。自分へのご褒美にいかが。

今日もお茶で愉しい、一日を。

抹茶のオペラ:ハーゲンダッツ
http://www.haagen-dazs.co.jp/matcha_opera/

スポンサーリンク