竹の塚の【古民家カフェ】でお抹茶とジャズを愉しむ!<昭和の家・縁側カフェ>

竹ノ塚(東京都足立区)にある古民家カフェ『縁側カフェ』に行ってみました。

昭和14年に建てられた洋館付和風住宅で、2012年には国の登録文化財にもなっている建物『昭和の家』です。少しクルマの多い通りに面していて、白壁の塀が目印です。

カフェはこの『昭和の家』の中にあります。
向かいにコインパーキングがあるので、そこにクルマを止めてカフェに。

カフェの名前は『縁側カフェ
平日の火曜〜金曜のみオープンしているちょっと贅沢なカフェです。

スポンサードリンク

ジャズとモダンな照明が心地いい空間

門をくぐって入ると、中には木々が茂っていて、とてもいい雰囲気。
左側にある玄関がカフェの入口。ちょっと料亭みたいです。

和風の大きな玄関。

ステンドグラスの照明が昭和モダンできれいです。

玄関で靴を脱いであがります。スタッフの方が中に案内してくれました。
広縁(縁側)に、2人がけのテーブル席が、4つほど。

座敷の方は、2〜3人席が2つ、4人席が1つほど。

縁側の席からは外の庭がよく見えます。
広い庭園という感じではありませんが、手入れが行き届いている緑が美しい和庭です。

カフェの中にはジャズが流れていて、とても心地良いですね〜。

置かれている和モダンな照明も、また、いい雰囲気を醸し出しています。

お抹茶と季節のフルーツタルト

メニューは、珈琲、紅茶などの一般的な喫茶メニューと、
抹茶のメニューには、抹茶(お菓子付き)、抹茶ラテ、アイス抹茶ラテがあります。

食事系はトースト程度。スイーツは、季節のフルーツタルト、アフォガードや、あんみつなどの甘味もあります。

さっそく、お抹茶と珈琲を注文してみました。

こちらが、
抹茶(お菓子付き) 630円

お菓子は、こし餡の饅頭と、甘納豆

抹茶は、細かい泡がクリーミーで苦みは控えめなお抹茶。

こちらは、
珈琲と季節のフルーツタルト(セット) 930円

フルーツタルトは、晩柑とオレンジがとてもきれい〜。
柑橘の酸味と上品な甘さでとてもおいしいタルトです。

ジャズに耳を傾けながら、ゆっくり庭を眺めていると、時間が経つのを忘れそうです・・・。
考えごとにも、リフレッシュにもとてもいい空間ですね。

昭和の古民家『縁側カフェ』でお抹茶はいかがでしょうか。

カフェ情報『縁側カフェ』

営業時間 11:30~18:00 (L.O.17:30)
定休日 土曜・日曜・月曜日
入園料 なし
お抹茶 630円(菓子付き)
お茶処のURL http://shouwanoie.jp/
住所 足立区西保木間2-5-10
アクセス 電車:東武スカイツリーライン「竹ノ塚」駅東口 徒歩14分

今日もお茶で愉しい、一日を。

【東京で抹茶!】お抹茶をいただける東京のお茶処 11選

2018.04.27
スポンサーリンク