【京都で抹茶】妙心寺「退蔵院」で抹茶と庭園を楽しむ。

京都右京区の妙心寺にある「退蔵院(たいぞういん)」。

臨済宗の妙心寺は広く、中には48もの小院「塔頭(たっちゅう)」があって、それぞれ石畳で結ばれた寺町なっています。
退蔵院は、妙心寺の塔頭(たっちゅう)の一つで600年前に建てられたお寺です。

その退蔵院でお抹茶がいただけます。

重厚感のある妙心寺の法堂。

re_141020_101

妙心寺の三門の西側に退蔵院はあります。

re_141020_102

門のところにお抹茶の案内が・・・。どこかお茶屋さんの雰囲気。

re_141020_103

門をくぐり少し進んだところに受付があります。

退蔵院の拝観料は、500円
お抹茶券は別料金で、500円

re_141020_119

受付の近くに大きなパネルがありました。
ここは、JR東海のCM「そうだ京都、行こう」で紹介されたお寺ですね。

re_141020_120

宮本武蔵が修行をした方丈(本堂)には、日本最古の水墨画「瓢鮎図(ひょうねんず)」。
「小さな瓢箪でおおきなナマズをどうやって捕まえるか」という禅の問題。絵の上には、偉いお坊さんの回答が書かれているようです。

re_141020_121

方丈の前の庭園は、室町時代の狩野元信作の枯山水です。

re_141020_105

CMで見事な花を咲かせていた「しだれ桜」のある石庭がありました。この石庭は「陰の庭」。桜の木をはさんで反対には「陽の庭」も。
抹茶の頂ける茶席は奥にあるようなので、庭園を楽しみながら進みます。

re_141020_104

水琴窟がありました。神秘的な音で癒されます。

re_141020_106

茶屋のところで、お抹茶をお願いして茶席「大林庵」にあがります。

re_141020_107

茶室は広くて大茶会が開けそう。絨毯が敷いてあるのが少し珍しい。

re_141020_108 re_141020_109

茶室から見える庭園はとても明るく爽やかな気持ちになります。

re_141020_110 re_141020_116

訪ねたのは、10月下旬の木曜日。外人さんが2名お抹茶を楽しんでいましたが、ほぼ貸し切り状態。庭園に近い座布団に座って庭園を眺めてるとお抹茶とお茶菓子がでてきました。

re_141020_111

抹茶の泡のきめ細かいこと。

re_141020_112

お茶菓子は、もちっとした皮で中につぶあんが入っているどら焼き。
お抹茶によくあっておいしい〜。

左京区一乗寺にある和菓子店「一乗寺中谷」のお菓子で退蔵院のオリジナルです。皮には「瓢鮎図」のナマズの焼き印押印が!
退蔵院で買ってかえることもできます。

re_141020_113

紅葉(もみじ)の木が多く、秋のシーズンは紅葉がとてもきれいなのでこの茶席も混みそうですね。

re_141020_117 re_141020_118

庭から入ってくる心地よい風を楽しんでいると、ししおどしの音がカンっ。
退蔵院の茶席はとても居心地がよくて、いくらでも長居できそうな空間です。

退蔵院で庭園眺めながら、お抹茶でゆっくりしてみてはいかがでしょうか。

re_141020_115

妙心寺にはもう一つ、桂春院というお抹茶をいただけるお寺があります。こちらもおすすめです。

関連記事:【京都で抹茶】妙心寺「桂春院」で抹茶と庭園を楽しむ。

拝観時間 9:00~17:00
休館日 無休
拝観料 一般: 500円
お抹茶 500円
お寺のURL http://www.taizoin.com/
住所 京都市右京区花園妙心寺町35
備考 妙心寺塔頭。【庭園】余香苑:池泉回遊式庭園。国宝・瓢鮎図(ひょうねんず)を所蔵

【京都で抹茶!】お抹茶をいただける京都のお寺 25選

2016.11.23
スポンサーリンク