【京都で抹茶】秋はパワースポット「三千院」で抹茶と庭園を楽しむ。

京都左京区の大原の里にある「三千院」。
千年以上の歴史を持つ極楽浄土の寺院で、パワースポットとしても有名です。

千二百年前。最澄(さいちょう)が開いたのが起源といわれています。何度も移転を繰り返したようで、現在の地には明治4年からです。
三千院は、門主(住職)が皇室か摂関家によって受け継がれてきた「門跡寺院」です。

その三千院で、お抹茶がいただけます。

京都からバスに乗って1時間ほどで三千院に。
あたりは、すっかり里山の風景です。

re_141019_101

バス停から参道を10分くらい登っていくと三千院の入り口が見えてきました。

re_141019_102

階段をあがると新しい目な茶屋が並んでいます。

re_141019_103

苔むす石垣がきれい。

re_141019_104

茶屋を見ながら100mくらい歩いていくと、三千院の山門(御殿門)の前につきました。
立派な御門!

re_141019_105 re_141019_106

蒼々とした庭園に心洗われる

急な階段を登って、山門をくぐり、左に進むと受付があります。

三千院の参観料は、700円。
お茶券は別料金で500円です。

お抹茶券は中に入って抹茶席での購入なので、ここでは拝観料のみ。

靴をぬいで上がり、客殿に進みます。
少し暗い客殿を進んでいくと蒼々とした庭園が!。暗い室内とのコントラストで庭園の鮮やかさが引き立ちまくってます。庭園は、江戸時代の茶人 金森宗和作と伝えられています。

室内は撮影禁止なので、できるだけ庭園の方に進んで撮影。

re_141019_108 re_141019_113 re_141019_118

抹茶はこの客殿で頂くことになります。
三千院の拝観順路は入り口と出口が別。先に進んでしまうと、ここには戻ってこれないので抹茶は先に進む前に頂きましょう。

係の方に抹茶券をお願いして、赤い毛氈(もうせん)の上で待ちます。

抹茶席は区切りがされていて庭園が一番よく見渡せるプレミアムシートですよ。でも縁側の毛氈(もうせん)のところはだれでも通行自由。タイミングによっては、前に誰かが座ってしまうこともあるのでご注意を。

re_141019_110

抹茶席から庭を眺めるとこんな感じです。
奥行きがあり綺麗に手入れもされていて、観ているうちにだんだんと心が洗われていく〜。

re_141019_112

しばらくすると、抹茶とお茶菓子がでてきました。

re_141019_130

抹茶の泡が細かい!
お茶菓子は、日光から取り寄せた羊羹だそうです。三千院と書かれた懐紙の上に。

re_141019_126

羊羹をいただいてからの抹茶がすばらしくおいしい。
抹茶の香りもよく、泡がかなりクリーミー。この澄んだ空気中で頂くお抹茶は格別です。

re_141019_116

三千院はここから

お抹茶を頂いて、すっかりリフレッシュしたので、先に進みます。
三千院はここからが見所。

豊臣秀吉の建立といわれる宸殿(しんでん)に進み、お参りをしてから庭園に下ります。
そこは、大きな杉と苔の大海原が広がっています。

re_141019_150

庭園を進むと、JR東海「そうだ京都行こう」のCMにもなった往生極楽院。中には大きな「阿弥陀三尊像(国宝)」が祀られています。

re_141019_124 re_141019_121

このお地蔵さんは有名な「わらべ地蔵」。
かわいい仕草のお地蔵さんが苔むす庭に6体います。

re_141019_122

三千院は、秋になると紅葉がすばらしいのです。
春の新芽の季節も木々のパワーが溢れていて、まさにパワースポット。

re_141019_125

みどころ沢山の三千院。1200年のパワースポットで、お抹茶と庭園を如何でしょうか。

re_141019_117
拝観時間 12月〜2月 9:00~16:30 / 3月〜10月 9:00~17:00 / 11月 8:30~17:00
休館日 無休
拝観料 一般: 700円
お抹茶 500円
お寺のURL http://www.sanzenin.or.jp/
住所 京都市左京区大原来迎院町540
備考 【庭園】聚碧園(しゅうへきえん): 池泉観賞式庭園

【京都で抹茶!】お抹茶をいただける京都のお寺 25選

2016.11.23
<他に左京区で抹茶が飲めるお寺>

【京都で抹茶】「宝泉院」でお抹茶と秋の額縁庭園を楽しむ。

2016.10.30

【京都で抹茶】すばらしい開放感!「実光院」で抹茶と庭園を楽しむ。

2016.10.28

【京都で抹茶】「蓮華寺(れんげじ)」で抹茶と庭園を楽しむ。

2016.11.17

【京都で抹茶】「無鄰菴(むりんあん)」で抹茶と庭園を楽しむ。

2016.10.23

【京都で抹茶】詩仙堂の帰りに「野仏庵」で抹茶を楽しむ。

2016.11.01

【京都で抹茶】 南禅寺の「方丈庭園」で抹茶と庭園を楽しむ。

2016.10.22
スポンサーリンク